2013年04月17日

【ayazi的家】不知火

不知火
不知火(bu4zhi1huo3)
buzhihuo_2.JPG
【ところ:−/ねだん:−】

勤め先からミカンが一箱配られた。

buzhihuo_1.JPG

不知火。
しらぬい。

「なんだか日本語みたいな品種名だなあ」
と思ったら、本当に日本の品種だった。

不知火は清見オレンジとポンカンの交配種。
一定基準を満たしたものが「デコポン」と呼ばれていて、
(これは熊本の果実農業協同組合が登録した商標)
一般的にはむしろ「デコポン」のほうがむしろ有名かも。
ちなみに不知火っていうのは、
この品種を最初に本格的に栽培した場所の地名だそうだ。

▼不知火についての詳細はこちらから。
ウィキペディアの「不知火(シラヌヒ)」のページ

でも、私が食べたのは熊本産ではなくて、
産地は四川省眉山市丹棱県というところ。
なんでも丹棱県は柑橘類の栽培が盛んな土地で、
1990年代に不知火を導入して以来栽培に力を入れ、
今では全国一の不知火の産地になっているんだとか。
不知火の他にも清見、愛媛などの品種も栽培している。

P1080955.JPG
(ちょっと時間が経ってしまってから撮ったのでなんとなくしなびてます)

みかんと同じように手でむけて、薄皮ごと食べられる。
甘みと酸味のバランスがよくて、果汁たっぷり。
清見(ミカンとオレンジの交配種)とポンカンの交配種だけあって、
それぞれのいいところをしっかり受け継いでいる感じ。

袋がけした後風雨にさらされたのをそのままもいで出荷しているので
袋がかーなーり汚れているし、
正直形の美しさやサイズの揃い具合は今ひとつだけど、
いやいや、これはこれで十分おいしい。

リンゴの富士みたいに、
こっちでもポピュラーな品種になっていくといいな。
期待!


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からまたアクセスできるようになりました!


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 00:00| 北京 | Comment(4) | 水果(フルーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

【ayazi的家】核桃

クルミ
核桃(he2tao)
P1060068.JPG
【ところ:−/ねだん:−】
(フルーツ?広義ではそう?)

宅配便が届いた。
開けてみると、中にはクルミが入っていた。

「庭のクルミが実をつけたので送るよ」

ああ、そうだ。
つい先日会った友人がこう言ってたっけ。

この季節、街角のリヤカー物売りはクルミを売る。
果肉のついたクルミの実はオリーブ色がかった緑色をしていて、
クルミはゴルフボールより少し大きくて
テニスボールよりは少し小さい。
そのままだと、
これがクルミだということに気づかない人もいるかもしれない。

リヤカー物売りでは、
この果肉を外して種の状態にして売ってくれる。
これでようやくおなじみのクルミの状態になる。

宅配便で届いたクルミは
果肉から外してすぐに送ってくれたようで、
固い殻もまだ水分を含んで少ししっとりしている。
クルミ割りを使わなくても手でなんとか割ることができた。

P1060065.JPG

核桃仁(he2taoren2)=殻の中のサネの部分もしっとりやわらか。
秋の夜長を先取りして、
時間と手間をかけて薄皮を剥いてみた。

つるりとした乳白色のクルミのサネはやわらかく、
食べてみるとミルクのような甘みとこくがある。

冷凍していた苜蓿草と、冷蔵庫に転がっていた瓶詰めナメタケとで
簡単に和えてみた。

P1060071.JPG
(単独で写真撮るの忘れたので弁当写真で。
 朝慌しい中作るので盛り付けが雑でお恥ずかしい……)

苜蓿草の青臭さとクルミのミルキーなこくを
ナメタケがいい具合につないでくれて、意外といけた。

剥きたて、割りたてのやわらかくてミルキーなクルミ。
しみじみおいしい。
こんなにおいしいのに今までなんで食べようと思わなかったんだろう。

今の季節限定。
街角で見かけたらぜひ買ってみてくださいね!


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 13:00| 北京 | Comment(2) | 水果(フルーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

【朋友家】和墨紅棗

ホータンのナツメ
和墨紅棗(he2mo4hong2zao3)
P1300923.JPG
【ところ:−/ねだん:−】

ウルムチ市レストランで一緒に食事をした
トンシャン族のMちゃんがくれたホータンのナツメ。
夏休みで帰省した時のお土産とのこと。

P1300910.JPG

うわあ!
新疆のナツメって、肉厚でおいしいんだよねえ!
そんでもって新光天地のナツメ売り場で買うとむっちゃ高いんだよねえ!

ありがたくいただいて帰って、
友人宅での食事会におみやげとして持って行った。

そしたらその食事会に来ていたお友だちが、
「わあ!これ、新光天地のナツメ売り場だと
 10分の1個くらいしか試食させてくれないんですよね!」
(確か「10分の1個」とおっしゃっていたような?違ったかな。
 まあ、ほんのちょっぴりってことです)

あはは。
2人とも新光天地のナツメ売り場が価値判断の基準になってて笑ってしまった。

さて、その貴重なナツメをありがたくいただく。

P1300924.JPG

みっしりと実がつまっていて、まさに肉厚。
(断面写真を撮り忘れてしまったのが残念)
そして甘い。
甘いのだけれど、嫌味のない甘さなので飽きがこない。

こんな大振り肉厚ナツメ、なかなか食べられるもんじゃない。
贅沢、贅沢。
Mちゃん、ありがとう!


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
posted by ayazi at 00:00| Comment(2) | 水果(フルーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

【ayazi的家】櫻桃

サクランボ
櫻桃(ying1tao2)
P1230657.JPG
【ところ:−/ねだん:−】

野趣満点の桑の実摘みを楽しんだあとは、サクランボ狩り。
この日のサクランボ狩りは会社のレクリエーション活動で、
三斤(1.5キロ)までは料金を払わなくてもよいとのこと。
紫色のと、ほんのり赤みのさした黄色のサクランボを籠一杯摘んできた。

紫色のサクランボはアメリカンチェリーみたいなタイプで、かなり大粒。

P1230586.JPG

甘いけど、やや大味。

みんなが「黄的(huang2de)=黄色いの」と呼んでいたのは、紫のよりだいぶ小ぶり。

P1230588.JPG

熟すとほんのり赤みがさして、可憐な感じ。
甘酸っぱくて、小さな粒にぎゅっと味が凝縮している。

私はこっちのほうが好み。

P1230656.JPG

***

お昼はサクランボ農家で。
地鶏の煮込みと地鶏の卵焼き、
貼餅子(tie1bing3zi)=トウモロコシをこねて平たく焼いたもの、
菜団子(cai4tuan2zi)=トウモロコシ粉で野菜の具を包んだ包子、
トウモロコシのお粥、
そして同僚が作ってくれた和えものをみんなでわいわいとつついた。

地鶏の煮込み
P1230589.JPG

キュウリの和えもの
P1230591.JPG

エンダイブやキュウリ、尖椒などをたっぷり使った野菜の和えものもあったのだが、
写真を撮りそびれてしまった。

地鶏の卵を使って卵焼きをぱぱぱっと作ってくれたのは、男性の同僚。
「これしかできないけど」
と謙遜していたけれど、ふんわりしてとてもおいしかった。

P1230604.JPG

卵をよーく溶いて、塩をパラリ。
お好みで葱を入れる。
中華なべにたっぷりの油を入れて熱したら、溶き卵を投入。

P1230597.JPGP1230598.JPG

ぷうーっと膨れてある程度固まってきたら、上下を返す。
両面にこんがり焼き色がつくくらいになるまで
焼きながら何度か返して出来上がり。

P1230599.JPGP1230600.JPG

しっかし、すごい油の量だ。
改めて見るとなかなかインパクトがあるなあ。
でもこれくらい入れないと卵がふっくらとふくらんでくれない。

私も朝5時に起きてごまめを作って持参。
(写真を撮り忘れてしまった)
テーブルに出したとたんにわあーっと人が集まって、
あっという間になくなった。

少し甘めの味付けになってしまったのが気になったけど、
みなさんに気に入っていただけたのだろうか。
うん、そういうことにしておこう。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*現在、中国からはアクセスできません。
こちらのサイトを経由すると表示されることもあります。
*ブルーのボックスのグーグルのURLが書いてあるところに、
 旧ブログのURL(http://ayazi.blog75.fc2.com/)と入力して
 「browse」をクリックしてみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
posted by ayazi at 00:00| Comment(0) | 水果(フルーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

【ayazi的家】桑[草冠に甚]児

桑の実
桑[草冠に甚]児(sang1renr4)
P1230654.JPG
【ところ:−/ねだん:−】

夕やけ小やけの 赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か
山の畑の 桑の実を 小篭に摘んだは まぼろしか
(童謡「赤とんぼ」 三木露風作詞、山田耕筰作曲)


「山の畑」ではないけれど、野生の桑の実を摘んできた。
場所は北京市内から八達嶺長城へと向かう途中にある昌平区。
野生の棗や野の花の生い茂る藪を分け入っての桑の実採りだ。

P1230580.JPG

田舎育ちで学校帰りには木苺や蕨を摘んで道草したものだが、
どういうわけか桑の実を摘んだことはなかった。
桑の実摘みはこれが初めて。

「黒いのも甘いけど、一番甘いのは白いのよ」
前にサンザシの甘煮を作ってくれたDさんに教えてもらいながら、
野原をあちこち歩き回って桑の実摘み。

P1230577_1.JPG

これが黒いの。
P1230575.JPG

赤いのはまだ酸っぱくて食べられない。
真っ黒になったのが食べごろだ。

そして白いの。
P1230578.JPG

熟すと少し紫がかってくる。

酸味が強かったり、
小ぶりだけどものすごく甘かったり、
味がぼけていてあまりフレッシュな感じがしなかったりと、
木によって味がかなり違うのが面白い。

P1230576.JPG

摘んでは食べ、食べては摘み、
いつの間にか手は果汁ですっかり紫になってしまった。

自宅に戻って、改めて野の恵をいただいた。

P1230655.JPG

完熟しているので、酸味はほどよく抜けている。
黒砂糖のような素朴な甘み。
そしてやっぱり白のほうが断然甘い。

果実酒にするといいと教わったけれど、
おすそ分けしたり、
自分でパクパク食べたりしているうちになくなってしまった。

久しぶりに野山を歩いて、
子供みたいにはしゃいだ野趣満点の桑の実摘み。
いやあ、楽しかった!

***

ところで、これ何の木か分かります?

P1230582.JPG

正解は、クルミ。

P1230584.JPG

この実を土の中に埋めておいて、
実の部分を腐らせてから種を取り出すと
見覚えのある殻つきクルミになるんだって。

恥ずかしながら、
クルミが木になっているところを見たのは初めて。
この年になっても初めての驚きがたくさんあるって、いいことだ!!
(無知を棚に上げての開き直り?)


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*現在、中国からはアクセスできません。
こちらのサイトを経由すると表示されることもあります。
*ブルーのボックスのグーグルのURLが書いてあるところに、
 旧ブログのURL(http://ayazi.blog75.fc2.com/)と入力して
 「browse」をクリックしてみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
posted by ayazi at 00:00| Comment(2) | 水果(フルーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

【ayazi的家】山竹

マンゴスチン
山竹(shan1zhu2)
P1230317.JPG
【ところ:−/ねだん:15元(一斤=500g)】

先日天津に行った時に、
例の蘭の花を浮かべたプーアール茶を飲ませてもらった画家さんのアトリエで
山竹(shan1zhu2)=マンゴスチンをご馳走になった。
それがなんだか妙においしくて、 自分でも買ってみた。

P1230313.JPG

一斤(500g)で15元。
「今が底値だよ」
と果物屋のおじちゃん。

(が、後日鼓楼大街で聞いたら9元。
 15元が底値って・・・ウチの近所の果物屋さん、高すぎ。
 いや、私がぼられただけすか)

ごっつい皮を割ると、中からつるりとした真っ白い果肉が出てくる。
口に入れてすぐはベリーのような甘酸っぱさ、
最後に熟した柿のようなとろりとした味わいが残る。

P1230315.JPG

マンゴスチンは日本ではとても高価。
それに皮の分量が多くて値段の割りに食べでがないからか、
手が出ないという人も多いようだ。

北京でもほかの果物に比べれば高めの値段ではあるけれど、
高嶺の花というところまでいかなくて、ありがたい限り。

マンゴスチンにはビタミンBとCが豊富で、
さらに「キサントン」という美容成分が含まれている。
おまけにコレステロールを下げる効果があるそうだ。

ちなみに「山竹」なんていう中国語名があるから、
竹みたいな木になるのかと思ったら全然違った。
マンゴスチンの木は、枇杷みたいな感じ

じゃあ、何で山竹って言うんだろ?

「果物の女王」マンゴスチン。
分厚くて無骨な感じの硬い皮から
白くて清楚な果肉がつるるんと出てくる美女と野獣的なドラマチック展開が好き。

わが食友、PさんことMさんことHさん、ええい面倒だ!プリックさんによると、
「マンゴスチンの底側って、無骨な彫刻みたいでとってもラブリー」。

P1230373.JPG

ほんと、消しゴム版画で掘ったお花みたい。

目でも舌でも楽しめる。
いや、実に「果物の女王」の名に恥じない(<誉めるのそこ?)。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*現在、中国からはアクセスできません。
こちらのサイトを経由すると表示されることもあります。
*ブルーのボックスのグーグルのURLが書いてあるところに、
 旧ブログのURL(http://ayazi.blog75.fc2.com/)と入力して
 「browse」をクリックしてみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
posted by ayazi at 00:00| Comment(0) | 水果(フルーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする