2017年09月29日

【壹同・楽宴】胡同のおしゃれ湖北料理レストラン

A4D568B0-C1EA-4C8A-9FDB-002F0F56E8EF.jpg
【ところ:灯市口/ねだん:−/とき:2017年9月】

灯市口の内務部街にあるアートスペースで開かれる
ミニコンサートに誘われて出かけたある日の晩。
コンサート開始時間まで余裕があるので、
晩御飯をどこかで食べてから行きましょうということになった。

ここ!という店が思い浮かばなかったので、
大衆点評網で「灯市口 美食」と入れて検索。
出てきたお店をざっと見ていたら、
このレストランに目が留まった。

場所は東石槽胡同。
豆干胡同の世界知識出版社の近くとのこと。
これなら地下鉄の灯市口駅からも、
コンサートの会場からも遠くない。

こんな窓を眺めつつ、

B76BA47C-A956-4E64-A7E6-EEBA9166D5A0.jpg

少し傾きかけた日の光に照らされた豆干胡同を進んでいくと……
お、あったあった世界知識出版社。

86ADF811-0BC4-4D08-80FA-6581650E4576.jpg

お店はその斜向かいあるはず……
と思って右側に目をやると、おお、いきなり発見!

6716EF03-29EF-4ABC-9F64-0644E7E00DE7.jpg

東石槽胡同に入ってちょっと歩けば、入り口に到着。

316112E8-C76F-4322-BBF9-4E06D6BAC14C.jpg

階段を下りて1階、というか半地下?の階へ下りると、
外観のイメージよりもかなり広いスペース。
敷地の真ん中が中庭になっていて開放感がある。

9CFA9DFC-F56D-4F43-890E-39352B31DC5A.jpg

吹き抜けの上はテラス席。
大きなナツメの木が立派な枝を広げていた。

50F588A6-6B43-4941-8DB3-2DA1C089B939.jpg

東石槽胡同沿いのほうを見ると、
こちらは桐の木。

F7E15FF7-CDCE-428F-AE5B-BF0260E9E121.jpg

北京の胡同には立派な木が多く、緑豊かなのだ。

吹き抜けを上から見たところ。

FDF80F1F-DA9E-4743-A3FA-C584F7687A7D.jpg

テラス席も気持ちよさそうだったけれど、
料理写真を明るい状態で撮りたかったので、
この日は1階に席を取った。

待ち合わせ時間より少し早く到着したので、
メニューを眺めながらビール。

青島原漿扎啤(Qing1dao3 yuan2jiang1 zha1pi2):38元
7A95BC97-B9DB-4417-87E2-BCF9BDD771B4.jpg


いやこれがあるってなかなかポイント高い。
600mlはちと多いかとも思ったけど、
まあいけるだろうと見切り発車。

メニューには気になる食材があれこれ。
高まる期待で胸をいっぱいにしながら
(だいぶでかい)ビールの杯を傾けた。

(料理篇に続く)


◆お店情報
壹同・楽宴
316112E8-C76F-4322-BBF9-4E06D6BAC14C.jpg
東石槽胡同31号
13051150162

<アクセス>
地下鉄5号線「灯市口」C出口を出てすぐのところにある豆干胡同を右(東)へ。
世界知識出版社が見えたら、
その斜向かいにある東石槽胡同を右折してすぐ。


■ayaziのインスタグラム■
https://www.instagram.com/a1ya3zi3

■ayaziのブログ■
北京。おいしい生活。
posted by ayazi at 00:00| 北京 | Comment(0) | 地方菜(各地方の料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。