2017年09月22日

【爆肚盛】烤羊腿

羊もも肉の鉄板炒め
烤羊腿(kao3yang2tui3)
0FA43AF8-A20B-4E9E-9965-F9727E372480.jpg
【ところ:麦子店/ねだん:48元(確か)/とき:2017年9月】


嵩山少林寺のある登封で武術の修業をした
武術家K氏を囲む会に誘っていただいた。

場所は麦子店にある爆肚盛。
わりあい近所にあるし、
爆肚=ゆでモツの看板を掲げ、
涮羊肉=羊肉しゃぶしゃぶも名物というお店なのに、
この日が初訪問。
この二つを食べるとなると、
冒険せずに保証されてる金生隆についつい行っちゃうからな。

この日はK氏のリクエストにより羊肉三昧。
いの一番に
「羊肉串をぜひ!」
という熱い言葉があったのだけれど、
このお店では夜しかやっていないとのこと。
それで白羽の矢が立ったのがこの料理。

烤羊腿と言えば、
羊の後ろ足をまるまる炭火の上で焼いた豪快料理だ。
が、それにしては48元と値段が安い。
しかも単位が「鍋」。

いぶかしく思って店員さんに聞いてみると、
「羊のもも肉をスライスして香菜と一緒に鉄板の上で炒めたものです」
とのこと。

「ってことですが、頼んでみます?」
「行ってみましょう!」

で、出てきたのが冒頭の写真。
なるほど、鍋っちゃ鍋だね。

羊腿なんてついてるから惑わされちゃったけど、
つまりは烤羊肉ですな。


7601027C-C749-4FAB-B991-0C0F8F75CB65.jpg

香菜とネギどっさり、それと孜然(zi3ran2)=クミンシード。
臭みなし、旨み爆発!の羊肉と力強く共鳴する。

「やっぱり北京の羊肉はうまいですね!」

武術家氏も強くうなずく。

羊肉はかなり薄めにスライスしてあって、
一枚一枚をもったいながって食べるというよりは、
箸でガーッとすくってひとまとまりを口に放り込む感じだ。

そして冷えた燕京ビールをグビビーッ!
たっ、たまらん!

さらに白酒に移行して、週末の昼酒を満喫。

F85555EC-1681-4BA0-9B71-E393895127C2.jpg


◆お店情報
爆肚盛
麦子店街6号楼北側
010-6386-4957

<アクセス>
麦子店街の宝源餃子屋の並びにあります。
【地下鉄10号線「農業展覧館」駅から】
A出口を出て亮馬橋方向に進み、農展館北路を右折。
朝陽公園方向へ進み、永安賓館(如家)のある十字路を左折すると左手にあります。
【地下鉄14号線「棗営」駅から】
A出口を出てすぐのT字路を左折して農展館北路を三環路方向に進み、
永安賓館(如家)のある十字路を右折すると左手にあります。



ayaziのインスタグラム

https://www.instagram.com/a1ya3zi3


ayaziのブログ

北京。おいしい生活。

posted by ayazi at 10:46| 北京 | Comment(0) | 肉類(肉料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。