2014年10月13日

【平娃三宝】招牌削麺

名物・刀削麺
招牌削麺(zhao1pai2 xiao1mian4)
P1120210.JPG
【ところ:白家荘/ねだん:16元(小)】

白家荘にある
夜中になればなるほど混む西北料理の店、平娃三宝。

P1120193.JPG

食事に行く店というよりも
夜宵(ye4xiao1)=夜食を食べる店というイメージが強くて、
だからかなかなか足が向かなかった。

麺がおいしいと聞いていたのだが、
いろいろあって注文に困った。
で、店員さんに
「どれが一番人気ですか?」
と聞いてみてこれと言われたものを頼む。

それがこの招牌削麺。
招牌(zhao1pai2)=看板、つまり名物料理ということなので、
メニュー名を見れば分かるんだけどね……

黒いスープを一目見て、
「わ!こりゃ味濃そう!」
と若干引いたものの、
口にしてみるとそれほどしょっぱくはない。
八角の風味がするので
苦手な人もいるかもしれないが、
いやこれ、悪くない。

しっかり煮込まれた牛肉も味がしみしみでよかった。
これでもか!と投入された香菜が
醤油味一辺倒になりがちなところに
爽やかな香味を添えている。

麺は、
「これって刀削?」
と思うような刀削麺らしくない細長い形状なのだが、
片側がびろびろんとしているので
一応刀で削ってる……のかな?
それなりにコシもあって、
そこそこいける。

すごくおいしいのでまたすぐリピートしたい!
とは正直思わないけれど、
夜中まで飲んで最後にちょっと麺ものでシメたい
なんていう気分になったら確かにいいかも。


◆お店情報
平娃三宝
朝陽区中紡街向軍荘路甲10号
010-6503-1831
P1120193.JPG
<アクセス>
東三環から白家荘路を西方向に入り、150メートルほど行ったところ、
道の北側です。
地下鉄なら6号線、10号線「呼家楼」駅、または10号線「団結湖」から
アクセスできます。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からは相変わらずアクセスできません……


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 14:51| 北京 | Comment(6) | 主食(ご飯もの・麺・小麦粉料理など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまに北京へ出張する度に、このブログやお書きになられた本を拝見しています。
日本語のガイドブックには載っていない庶民的な麺類のお店など大変参考になります。ご紹介頂いたお店に家族を連れて行った時も喜ばれました。
12月半ばにも短期出張するので、出来れば、このお店いって見ます。
Posted by 中山 at 2014年11月28日 11:52
>中山さんへ

ブログ、拙著をご覧いただいているとの由、ありがとうございます!
ここ、飲みにも食事にも向いていて、結構使いでのあるお店だと思います。
ぜひ行ってみてください!
Posted by ayazi at 2014年11月28日 12:27
迅速なアドバイスありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 中山 at 2014年11月28日 14:22
>中山さんへ

どういたしまして!
Posted by ayazi at 2014年12月01日 14:27
先日は大変失礼しました。
昨夜、北京出張から戻りました。
ホテルや取引先とのロケーションから、ご紹介頂いたレストランには行けませんでしたが、本に出ていた中国語など役立ちました。
中国での食事などスマホアプリのSnapDishにアップさせて頂きました。一部のスナップはWebからも見れるようなので、お手すきの際、見て頂ければ幸いです。
http://snapdish.co/juneshun?type=homemade
よろしくお願いします。
Posted by 中山 at 2014年12月11日 10:50
>中山さんへ

こちらこそ、失礼いたしました。
拙著がお役に立てたようで、大変うれしく存じます。
SnapDishのお写真を拝見しました。
伏牛堂、私も恐る恐る食べましたが、確かにそこまで辛くはないですよね。
味自体よりは、エリート大学出身者が出したお店というニュースが独り歩きしているような印象も受けました。
Posted by ayazi at 2014年12月18日 18:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。