2014年08月22日

【THE PHO LABORATORY】越南河粉

フォー
越南河粉(yue3nan2 he2fen3)
P1110861.JPG
【ところ:東直門外/ねだん:50元(小)】

8月の声を聞いて間もないある平日の夜。
食いしん坊友だちの
「英語フリーペーパーで見た新しいフォーのお店が
 なかなかよさそうなので行きませんか?」
というお誘いに応じて、
一緒に行ってみることにした。

フォーは嫌いじゃないし、
なかなか評価も高いらしいし、
いつか行ってみようと思っていたクラフトビールのお店からも激近。
「ちょうどいい。セットで行ってみるのもいいか」
と思った次第。

ネット上の
「オンボロの平屋、でも中に入ると別世界」
という評価にもちょっとそそられた。

で、行ってみて唖然とした。
だって、ホントにオンボロなんだもの。
最初どこにお店があるか分からなくて
思わずキョロキョロ探してしまった。
植込みの向こうに赤く光る「Pho」の文字を見つけた時には
「ま、まさか、ここ?」
と目を疑った。

P1110841.JPG

確かに「Pho」と書いてはあるが……

P1110840.JPG

しかも、入り口はお店正面から左手の胡同のところまで回り込んで……

P1110850.JPG

右手のここ。

P1110849.JPG

つるりと滑って転んだらそのままお陀仏になりそうな
危うげな急ごしらえ風の階段を上って、
干してあるモップに触らないようにそろそろと進んでいった先。
限りなく不安が募る道のりだ。

P1110851.JPG

が、中に入ると、まさしく別世界。

P1110852.JPG

いやあ、なかなか小ざっぱりとうまくしつらえてあるなあ。
最近、元の建物を(たぶん)あまりお金をかけずに
それなりにお洒落に改装したお店が増えた。

さて、フォーは牛肉と鶏肉の二種類。
牛肉のは
火車頭(huo3che1tou2):50元(小)
P1110858.JPG
(これはバジルとかもやしとかを入れる前。トップ写真は入れた後です)

大碗だと60元。

鶏肉のは
鶏肉河粉(jirou4 he2fen3):45元(小)
P1110857.JPG

大碗だと55元。

大碗に生春巻き1本、飲み物がついて
それぞれ85元、80元というセットがあったけど、
せっかくだからベトナムビールが飲みたかったので
単品で注文した。

333啤酒(san1san1san1 pi2jiu3):30元
333ビール

P1110855.JPG

「バーバーバー」って言ったら、通じなかった……

フォーは牛肉も鶏肉もごくごくさっぱり味のスープで美味。
中国人がやっているベトナム料理屋さんに行くと
なんだか濃口というか、化学調味料味というか、
今一つグッとこないフォーが多いように思うが、
ここのはかなりいいのではないかと思う。
ベトナムに行ったことがないのであくまでイメージですが。

ただ、少し風味が足りないように思ったので、
お願いして魚露(yu2lu4)=ニョクマムをもらって足した。
それでかなり好みの味に!

牛肉のは、生牛肉のほかにも、
煮込み牛肉、センマイ、筋が入った具だくさん。
スープもやや濃いめ。
鶏肉版はホントにごくごく薄いさっぱり味だった。

フォーのほかに、生春巻きを1皿頼んで半分こ。

鮮蝦米紙巻(xian1xia1 mi3zhi3juan3):30元
エビ入り生春巻き

P1110856.JPG

これは……うーん、微妙?
エビとビーフンだけで味がおそろしく単調だった。

一緒に出てくる味噌っぽいディップだと物足りない。
テーブルに置いてあるチリソースと茶色いソースを混ぜてつけてみたら
なんとかいけた。

P1110853.JPG

生春巻きはエビのほかに、ポーク、エビ&ポークの2種類。
越南火腿米紙巻(yue3nan2 huo3tui3 mi3zhi3juan3):30元
鮮蝦火腿米紙巻(xian1xia1 huo3tui3 mi3zhi3juan3):35元

このほかの食べ物メニューはこれだけ。
越式叉焼火腿三明治(yue4shi4 cha1shao1 huo3tui3 san1ming2zhi4):40元
バインミー


あとはデザートと飲み物だけ。
シンプル〜!
メニューはイラストつきでものすごく分かりやすい。

P1110854.JPG

ちなみにベトナムコーヒーは25元です。

フォーは大だとかなり大きい。
のど越しよくツルツルッと食べられるけれど、
後になってからお腹でライスヌードルがふくらんでくる。
小碗に生春巻き1つくらいでちょうどいいかな。

次はバインミーにしてみようかな。
いや、フォー自体はおいしかったので、
次もまたフォー食べちゃうかも。


◆お店情報
THE PHO LABORATORY
新中街東外公館向かい
15110004814
P1110841.JPG

<アクセス>
地下鉄2号線「東直門」駅C出口から東直門外大街を東へ。
老街兎という四川料理レストランのある角を右折して十字坡街を南下。
道なりに進んで東方向に曲がり、第五十五中学沿いに進みます。
セブンイレブンを越えてしばらく行き、
さらに大躍啤酒(GREAT LEAP BREWING)を過ぎて少し進んだ植込み奥。
通りの南側にあります。
春秀路側からだと、沸騰魚郷のある交差点を西側に曲がり、
少し行ったところの左手です。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からは相変わらずアクセスできません……


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 00:00| 北京 🌁| Comment(2) | 各国菜(各国料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。HP更新されており、安堵いたしました。さて、333は池袋のベトナム料理店では定番ですね。今はそれほど珍しくないですが、20年前にAA研にいた頃に、事務方スタッフと一緒に宴会したことを覚えております。北京では「バーバーバー」ではやはり通じないですか・・・・。8/4-7まで渡燕しておりましたが、前門からちょっといったところの、新成削麺館を訪問しました。老板の張さんはお元気で、よく来てくれた、と普口卑を二つサービスしてくれました。純生もありけれど、この普ピを出してくれたというのが嬉しかったですね。いつまでもよき70-80年代が残っていてほしいと思います。
Posted by 龍心 at 2014年08月22日 01:20
>龍心さんへ

すっかり休眠状態で放置してしまい、大変申し訳ありません。

ベトナムに行ったことのない私ですが、「バーバーバー」は発音がかわいらしくて覚えやすいので、つい言ってしまいました。

新成削麺館、ずいぶんとご無沙汰してしまっています。
あの風情あるお店、まだ健在なのですね。
Posted by ayazi at 2014年08月22日 12:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。