2014年08月21日

【川仁巷】麻婆豆腐

マーボードウフ
麻婆豆腐(ma2po2 dou4fu)
P1110727.JPG
【ところ:工人体育場/ねだん:28元】

初めての四川料理レストランではやはりこれを頼むことが多い。
麻婆豆腐。

日本人のこの料理に対する愛情と情熱は、
もはや中国人をはるかにしのいでいるのではあるまいか。
だって、麻婆豆腐が出てきた時の
日本人の喜びようと食べっぷり、
今まで食事したどの中国人よりすごいんだもの。
それも特に男性ね。

李荘白肉がとんでもなく辛かったので
麻婆もしっかり辛いに違いないと
覚悟を決めて挑んだのだけれど、
これが意外とマイルドだった。

いや、日本基準からすると十分辛いし
ビリビリと唇がしびれるような刺激もあるのだが、
見た目のインパクトよりはだいぶおとなしめの味。

そういえば、北京で食べる麻婆豆腐って、
そんなに辛くないよなあ。
あ、あくまで、辛いものに慣れた舌にとっては、です。

麻婆豆腐を頼むと、
どうしても誘惑に負けてやってしまうこれ。

ミニ麻婆丼。
P1110732.JPG
(今回はお碗じゃなくてお皿なので、麻婆豆腐ライス?)

お約束。
一口でもいいから、こうやって食べるとなんか落ち着くのよね。

***

さてこの日、李荘白肉と麻婆豆腐だけで終わるはずはなく、
ほかにもあれこれ注文。

口水鶏(kou3shui3ji1):38元
よだれ鶏(ゆで鶏の激辛ソース)

P1110721.JPG

これまたど定番の前菜。
タレがちょっと甘めかな?

麻醤油麦菜(ma2jiang4 you2mai4cai4):28元
油麦菜のゴマダレがけ

P1110717.JPG

辛さに耐えきれなくなった時のオアシス料理として。

辣子仔鶏(la4zi zai3ji1):56元
揚げ鶏肉の唐辛子炒め

P1110722.JPG

これも初めての店ではほぼ必ず頼む料理。
こいつもしっかり辛い!
でもうまい!
生姜かきいていてさわやか。
骨付き鶏肉には割合お肉もたくさんついていて食べであり。
時々骨ばかりのところ、あるからなあ……

干煸肥腸(gan1bian1 fei2chang2):68元
豚の大腸の炒めもの

P1110726.JPG

モツ女的にはやはり何かモツものを押さえておきたい。
ということで頼んだこれ。
若干臭みがあったかな?
モツの旨味的にももう一息深みがほしかったかも。
同じ大腸ものなら、
同じ敷地内にある三様菜のこれを推したい。

四川豆花(si4chuan1 dou4hua1):18元
四川風自家製豆腐

P1110725.JPG

豆腐がだぶってしまって
「あちゃちゃ、しまった!」
と心の中で舌打ちしたのだが、
頼んで正解。
辛さに悶絶した際の貴重な(ほぼ唯一の?)
救世主的アイテムになったからだ。

P1110730.JPG

清炒豆尖(qing1chao3 dou4jian1):58元
エンドウマメのつる先の炒めもの

P1110723.JPG

野菜ものはやはりこれで決まり!
四川料理レストランで葉物野菜といったら
たいていこれを頼んでいるんじゃないだろうか。
お豆の風味が豊かでおいしい。

そしてスープがわりに頼んだこれ。

豆湯飯(dou4tang1fan4):38元
エンドウマメスープおじや

P1110728.JPG

また食材がだぶってしまったけれど、
これもなんともいえず滋味豊かでよかった。
とろみがついているのでおじやとしたけど、
そこまでいかないかな。
ちょっととろみのついた雑炊?

P1110731.JPG

このとろりとした食感が
辛さの波状攻撃にさらされ続けた舌をそっと癒してくれた。

これにビールを4本で、締めて525元。
一人130元ちょっと。
うーん、やはりちょっと高めだよなあ。

ただ、味は辛くてビリビリするだけじゃなくて
素材の旨味もしっかり感じられたし、
化学調味料の味もほとんど感じられずおいしかった。
これは再訪あり、だな。


▼これまでの「川仁巷」関連記事
【川仁巷】李荘白肉


◆お店情報
川仁巷
朝陽区工人体育場西路
010-6553-2870
P1110713.JPG

<アクセス>
工人体育場の西門から敷地内に入って、
スタジアムに向かって左手のレストラン集中エリアにあります。
「許仙楼」と大きく書いてある壁が目印です。
P1110712.JPG
(左に「川仁巷」もあるけど、
 アレンジされすぎているせいか今一つ目立ちません)


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からは相変わらずアクセスできません……


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | 川菜(四川料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。