2014年08月19日

【川仁巷】李荘白肉

ゆで豚バラ肉のニンニク唐辛子ダレがけ
李荘白肉(li3zhuang1bai2rou4)
P1110718.JPG
【ところ:工人体育場/ねだん:58元】

川仁巷は工人体育場の敷地内にある四川料理レストラン。
北京在住の四川出身者から
「本場の味!」
という評価を受けている本格的なお店と聞いて、
そのうち行こうと思いつつだいぶ時間が経ってしまった。
先日ようやく訪問。

工人体育場の西門から入ると、
スタジアムに向かって左手にあるこの壁(?)が目印。

P1110712.JPG

店構え、エントランス、店内インテリアとも、
なんだかお洒落。

P1110713.JPG

P1110781.JPG

P1110782.JPG

P1110716.JPG

事前にネット情報を見たところお値段もやや高めなので、
「本場の味」といいつつどうなのか……
と一抹の不安を抱きながらのオーダーとなった。

この日は4人で囲む食卓だったのでそれほど多くは無理。
四川料理店に行ったら必ず頼むような
私的定番料理をいくつか注文してみようとメニューを繰り始めたら……
インパクトあるビジュアルが目に飛び込んできた。

白肉(bai2rou)とあるからには
ゆでた豚バラ肉スライスを使った料理だろう。
つまり蒜泥白肉ってこと?
いや、この盛大な唐辛子の盛り方は尋常ではない。
それに下にモリモリ、モサモサと敷かれている葉っぱは何?
この形状、もしや……?

この料理、メニューの前のほうにあって
一応このお店の名物料理みたいだし、
蒜泥白肉の文脈にある料理なら
四川料理の前菜の定番ど真ん中だ。
えいやっ!と注文してみることにした。

果たして、やって来たのは
赤い紙ふぶきが隙間なく散り敷いたようなこのお皿。
豚肉がほとんど見えない。

P1110718.JPG

赤じゅうたんに箸を差し込み、豚肉をすくい上げる。
むむっ、これはかなり厚手に切ってあって根性あるぞ。
脂身がムチムチして、箸で持ち上げるとプルプル震える。

せっかくだから下の葉っぱも一緒に食べようと、
豚バラ肉で葉っぱを包み込むようにして口元へ。

「ウヒーッ、からっ!」
まずやってくるのは、容赦ない唐辛子の辛さ。
尋常でない量の赤唐辛子のみじん切りは見かけだけではなかった。
長い北京生活で日本時代にも増して辛さ耐性のついた私だが、
久しぶりに衝撃的な辛さの直球をバシッと決められて
すっかりたじろいだ。
目の下と後頭部の髪の生え際から汗がたちまち吹き出す。
正直なところ、唐辛子と一緒に刻んであったのが
ニンニクだったのか生姜だったのか今では定かではない。
それくらいの強烈な辛さのインパクトだった。

この日同席してくださった
日本から赴任して1ヶ月ほどという男性は、
ご本人曰く
「辛いの大丈夫!」
とのことだったのだが、
これを一口食べてからすっかり無口になってしまった。
後はひたすら汗をぬぐうばかりで、
この料理に箸が伸びることはなかったのだった。

でも、辛さだけで終わらないところがこの料理の素晴らしさ。
そう、豚肉がうまいのだ。
弾力ある脂身の甘さ、にじみ出る赤身の旨味。
唐辛子の先制攻撃の後から、じっくりと肉のおいしさが追いかけてくる。

緑の葉っぱの正体は、ドクダミ。
割と若い葉を使っているからか、
ドクダミ特有の風味(というか臭み)はそれほど強くない。
(もっとも、ダメな人はダメだとは思いますが)
これも唐辛子の辛さに引けを取らず、強く自分の味を主張している。

爆弾級の激辛唐辛子、
旨味と脂しっかり肉厚豚バラ肉、
クセのある風味のドクダミの葉、
この強烈なトリオが一緒くたになって雪崩のように襲ってくる。
でも、それが意外にいける。

これ、本来の名称を「李荘刀口蒜泥白肉」といって、
四川省宜賓にある李荘というところの伝統料理だそうだ。
ネットで見ていると、
ドクダミは使われていないし、
こんなに赤唐辛子まみれにはなっていないので、
川仁巷のものは幾分アレンジされているのかもしれない。


◆お店情報
川仁巷
朝陽区工人体育場西路
010-6553-2870
P1110713.JPG

<アクセス>
工人体育場の西門から敷地内に入って、
スタジアムに向かって左手のレストラン集中エリアにあります。
「許仙楼」と大きく書いてある壁が目印です。
P1110712.JPG
(左に「川仁巷」もあるけど、今一つ目立たない)


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からは相変わらずアクセスできません……


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 19:00| 北京 | Comment(2) | 川菜(四川料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドクダミ入りの真っ赤な蒜泥白肉には、
流石に私も身を引いてしまうかもしれませんが、
挑戦したい気もあります。
14年にわたる上海生活を一旦切り上げ、
横浜生活に入ったのが2年前の今頃。
いやぁ、この2年、こういった本場の四川料理食ってないなぁ・・
血が騒ぐ・・・
9月に入ったら上海に行きます。20日ほどいますので、
本場モンを食ってきたいと思います。

久方ぶりの登場の時にコメント入れましたが、
受け付けられませんでした。
これが、うまく届くかどうか・・・。
Posted by 井上@打浦橋@上海 at 2014年08月20日 07:48
>井上@打浦橋@上海さんへ

コメントありがとうございます。
再開時にコメントいただいたとのことですが、
承認待ちリストに表示されませんでした。
なぜでしょう??
今回は大丈夫のようです。

これ、本当に辛かったです。
でも豚肉がおいしかったのと、ドクダミが元気で青々としていたので、結構食べてしまいました。

上海ご訪問、堪能していらしてくださいね。
Posted by ayazi at 2014年08月20日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。