2014年07月29日

【宝和居】素炒餅

野菜チャオビン
素炒餅(su4chao3bing3)
P1110593.JPG
【ところ:東直門/ねだん:12元】

ある日、お酒の席で炒餅の話になって、
そうしたら翌日どうにもこうにもたまらなくなってしまった。
最近はメニューにないお店も多いので、
ネット検索して確実に炒餅を置いてあることが判明した宝和居へ。

P1110586.JPG

肉入りとか卵入りもあったけど、
私のお気に入りは野菜(多くの場合キャベツ)だけの素炒餅だ。

炒餅は、細長く切った烙餅を炒めた料理。
烙餅というのは、こねた小麦粉を丸く伸ばして
油を塗ったプレートで焼いたもの。

laobing.JPG

ちょっとしっとりしたフラワー・トルティーヤみたいな感じかな?
やわらかくてどっしりしたナン?
北方中国でよく食べられている主食で、
もちろん北京っ子も大好きだ。

前述した通り、
宝和居はおいしいと評判だったから行ったわけではなく、
「とにかく確実に炒餅が食べられるところ」
という基準で選んだお店だったのだが、
炒餅は結構いけた。

私はあまり調味料を入れないパサパサした感じが好きなのだが、
これは若干汁気が多すぎてベチャッとしている。
でもニンニクと醤油がメインのシンプルな味付けで、
まずまずだった。
炒餅腹を満足させるには十分!
はー、落ち着いた。

炒餅のほかにはセロリと乾燥湯葉の和えものしか頼んでいないので、
宝和居のこの二品以外の料理がどうかは定かではない。

西芹腐竹(xi1qin2 fu3zhu2):?元
セロリと乾燥湯葉の和えもの

P1110596.JPG

まあでも、また「炒餅熱」に浮かされたら行ってもいいかも。

P1110590.JPG

それにしても、
私が北京に来た頃は素炒餅って4元くらいだった?
そこまで安くはなくても、
ついこの間までは7元とか8元のイメージだったのに、
今や12元もするんだなあ。


◆お店情報
宝和居
東直門内大街10号楼-14
010-8407-1847
P1110586.JPG
<アクセス>
地下鉄2号線「東直門」駅D出口から東直門内大街を西へ。
最初の信号を越えてすぐのあたり、道の南側です。


*料理はどれも
「不要放味精(bu2 yao4 fang4 wei4jing1)」(化学調味料を入れないでください)
とお願いしています。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からは相変わらずアクセスできません……


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス

posted by ayazi at 00:00| 北京 🌁| Comment(12) | 主食(ご飯もの・麺・小麦粉料理など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさ〜い。
ayaziさんがお休みされていて、北京情報が入ってこなくて、さみしかったよ〜。

でも、これでひと安心。
北京にも3年くらい行っていないので、そろそろ恋しくなってきました。

これからも楽しみにしています。
Posted by みれん at 2014年07月30日 01:53
>みれんさんへ

ご無沙汰しております。
すっかり放置してしまって本当に申し訳ありません!

ブログには書いていませんでしたが、食べ歩きはしておりましたので、追々アップしていきますね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ayazi at 2014年07月30日 16:39
ayaziさま
ご無沙汰です。
久々に覗いて見たら、1年のブランクなど全く無かったかの如く、ほぼ1年後の同じような日に再開されていたのですね。
復帰、おめでとうございます。
あまりむりせず、ボチボチ更新して下さい。
コチラは週末築地三昧ですが、安くて美味い中華を食べさせてくれるお店は多くはないので、せめてこのブログでもなが、眺めて食った気になってます。
では、また。
Posted by おおたま at 2014年08月08日 08:18
もう何年も、北京へ行く同僚等にどこがいいか聞かれたときのネタ本として利用させていただいている、変な読者です。もちろん、自分が行くときはガイドブックなんか不要です。復帰を心からお祝いします。
Posted by dubian at 2014年08月08日 12:14
>おおたまさんへ

ご無沙汰しております。
確かに、ストップしたのとちょうど同じ時期で、パッと見た限りブランクがないように見えますね。
狙ったわけではないですよ〜〜!

週末築地三昧、相当うらやましいですッ!
北京にいらっしゃることがあればぜひお知らせくださいませ。
モツ三昧しましょう!
Posted by ayazi at 2014年08月11日 12:07
>dubianさんへ

コメントありがとうございます。
まさにそんなふうに活用していただくことを念頭に書いておりますので、大変うれしいです。
今後もぜひご利用くださいませ!
Posted by ayazi at 2014年08月11日 12:09
ようやく再開ですね。訪問の度にいつも去年の7月の写真でどうされたのかしらと心配しておりました。とにかくご無事でよかった。
北京に行くたびにAYAZIさんのブログを参考に食べ歩きしてます。今後もよろしくお願いします。
Posted by ゆみこひめ at 2014年08月12日 18:04
>ゆみこひめさんへ

コメントありがとうございます。
長いこと放置してしまって本当にごめんなさい!
このブログを参考にしてくださっているとの由、大変うれしいです!
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ayazi at 2014年08月13日 12:32
8/4-7渡燕しておりましたが、護国寺小吃街に人民大学の先生と繰り出して食事の時に、北京特色小吃の他に、「炒餅」も食べたい、といったら、「おまえは子供か」と軽くいなされてしまいました(笑)。でも、やはり食べたいときはありますね、北京では当たり前の「餅」シリーズも、やはり一遊子には、興味ある一品です。滿族出身の先生方は、味付けの濃い北京小吃はどうも敬遠する傾向があるように思いますが、それは好みの問題でしょうか。
Posted by 龍心 at 2014年08月22日 01:29
>龍心さんへ

炒餅は子供の食べ物、という位置づけなんですねえ。
分かるような気もする……でも大人も食べたい!ですよね。
満族の方々は薄味好みなのでしょうか。
考えてみると、改めて満族のお料理を食べることって少ないので、正直なところ今一つピンとこないです。
Posted by ayazi at 2014年08月22日 12:13
2013/07からの復帰お喜び申し上げます、体調(体制?)不調かと心配しました。続けての購読を楽しみにしています。
Posted by 初学乍练 at 2014年08月22日 16:46
>初学乍练さんへ

ありがとうございます!
ご心配をおかけして申し訳ありません。
今後ともご高覧のほどよろしくお願いいたします。
Posted by ayazi at 2014年08月26日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。