2013年06月12日

【稲香村】五毒餅

五毒餅
五毒餅(wu3du2bing3)
P1090668.JPG

【ところ:麦子店/ねだん:35元】

またまた長いことブログを放置してしまいました。
すみません!!

そして本日もあわただしく更新。
本日端午節につき、端午節ゆかりの食べ物をご紹介しようと思うのですが、
もう端午節当日もお昼過ぎ……
とにかくさらっとご紹介だけいたします。

後で少し補足できればと思っております。
ごめんなさーいっ!!

***

端午節と言えばなんといっても粽子(zong4zi)=ちまき。
それに青団(qing1tuan2)=草団子。
でも北京にはもう1つ、端午節に食べる行事食がある。

それがこの五毒餅。
なんともおどろおどろしい名前。

P1090657.JPG

しかもこの五毒というのは、
トカゲ、ヒキガエル、ムカデ、サソリ、ヘビのこと。

ええっ!?
そんなの食べるの?

というのはもちろん早合点で、
これらが模様になったお饅頭のことを五毒餅と言うのだそうだ。

五毒餅を食べるのは、
毒虫除け、邪気払いのため。
要は厄除けってことかな?

中身は普通の餡。
稲香村のものだと、
トカゲが緑豆、ヒキガエルがナツメ、ムカデが杏仁、
サソリが黒ゴマ、ヘビがサツマイモの餡で、
どれも甘さが割と控えめでなかなか美味。


P1090676.JPG


生地もサクサク、ホロホロとしていてやわらかいし、
餡にも月餅のようなどっしりした油っこさがなくて食べやすい。

10個入りで一箱35元となかなかお手軽な値段だし、
邪気払いにもなるとのことなので、
この機会にいかがでしょう?

この時期限定なので、
お買い求めの方はお急ぎください〜!
(こんなギリギリの記事アップですみません)


◆お店情報
稲香村

(市内あちこちにあります)



■ayaziのブログ■


北京。おいしい生活。


*中国からまたアクセスできなくなっちゃいました。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 16:13| 北京 | Comment(0) | 甜点(デザート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: