2013年04月25日

【錦府塩幇酒楼】蝦籽焼春筍

乾燥エビ卵とタケノコの炒め煮
蝦籽焼春筍(xia1zi shao1 chun1sun3)
P1080945.JPG
【ところ:中関村南大街/ねだん:?】

久し振りに行った錦府塩幇酒楼で目に付いたタケノコ料理。

▼これまでの「錦府塩幇酒楼」関連記事
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之一)
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之二)
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之三)
【錦府塩幇酒楼】白灼瓜尖

タケノコ、大好きなのだ。
だからこんなシンプルな料理を見つけるとついつい頼んでみたくなるのだ。
それに季節だし。

ただ炒め煮にしただけでも十分おいしいのに、
そこに乾燥エビ卵が組み合わさったらまずいはずがないじゃないか!
と鼻息も荒く大興奮で注文したら、
思った通りの旨さで思わずニヤリ。

このタケノコはハチク系でコリコリとしっかりめの歯ごたえ。
タケノコ独特の風味もたっぷりだ。
そのタケノコが旨味爆発干しエビ卵まみれ。
表も裏も、ひだの奥までもが干しエビ卵にまみれにまみれている。

むほほー。

タケノコに感激し、
蝦籽にしびれ、
めくるめく旨味スパイラルに巻き込まれて夢見心地。
タケノコLOVE、蝦籽LOVE。

そうそう、タケノコと言えば、
別のレストランでこんなのも食べた。

腌篤鮮(yan1du3xian1):98元
タケノコと塩漬け豚肉のスープ煮

P1090010.JPG

腌篤鮮というのはタケノコと生か塩漬けの豚バラ肉などを一緒に煮込んだスープ。
江南料理で、蘇州とか杭州あたりの代表料理だそうだ。
奇妙な名前だなと思ったら、
腌はしょっぱい、篤は弱火で煮込む、鮮は新鮮ってことらしい。

上の写真は望京国際商業中心のとなりのビルに入っている
宴稼厨房というレストランのもの。

このタケノコはモウソウチクかな?
ハチク系じゃなくて太くてやわらかいタイプ。
今市場でも出回っている。

この料理、濃厚な鶏スープの中に
ホコホコシャキシャキのタケノコがごろんごろん入っているし、
塩漬け豚バラ肉の味もよかったのだが、
しょっぱかったのが玉に瑕。

ちなみに同日このレストランで頼んだ料理はすべてしょっぱすぎ、
しかも甘ったるくてさすがの私も箸が止まってしまった。

虎皮小尖椒の豆[豆支]風味和え
P1090007.JPG
(やたらとしょっぱい!そして甘い!)

臭豆腐と豚ミンチの塩漬け唐辛子風味蒸し
P1090013.JPG
(方向性は好きだったのに、とにかくしょっぱい!)

挽肉の押し豆腐包み入りスープ
P1090011.JPG
(おいしかったけど、腌篤鮮と味も形態も見事にかぶってしまった)

P1090012.JPG
(そしてやっぱりしょっぱかった)

豚大腸の煮込み・クローバー炒め添え
P1090014.JPG
(腸とクローバーという大好き食材だってのに、なんなんだこの甘さは!)

なのでこのお店はオススメしません……

***

なんだか変な風にわき道にそれてしまった。
この日錦府塩幇酒楼でタケノコ以外に頼んだ料理をご紹介せねば。

薄荷葉拌青瓜(bo4he2ye4 ban4 qing1gua1):22元(以前行った時の値段)
キュウリとミントの和えもの

P1080944.JPG

これ、さわやかだったけど、
やっぱりニンニクが半端ない量入っていた。

塩幇退秋魚(yan2bang1 tui4qiu1yu2):確か22元(1尾)
退秋魚のスープ煮

P1080950.JPG

以前大人数で来た時に食べたことがあったので、
この日は1尾だけ。

「白湯(辛くないスープ)」と「紅湯(辛いスープ)」があるというので、
「どっちがおいしいんですか?」
と店員さんに聞いたら、
「そりゃあもちろん紅湯のほうがおいしいですよ!」
即答。

あら、前回は白湯にしちゃったよ。

P1080951.JPG
(見た目はちょっとグロイが、味はいい)

退秋魚は長江支流の沱江で獲れる魚。
鱗はない。
退秋(現地で立秋のことをこう言う)の頃になると獲れるのでこの名がある。
自貢のあたりを流れる沱江は渓谷になっていて水深があり、
退秋魚は水底近くの岩穴や隙間に多く生息していてなかなか捕獲できないそうだ。

鰻の仲間という説明もあるけど、
降河性の回遊魚という特徴はなさそうなのでおそらく違うと思う。
ネットでは鯉科の銅魚だという説明もあるけど、
錦府塩幇酒楼で出してる退秋魚には鱗がないんだよなあ。
「退秋魚」という俗称を持つ別の魚のことかな?

結局何の魚かは不明なのだけれど、
頭部まわりや皮際はぷるんとしてとろける食感、
身自体はとても淡泊でおいしい魚だ。
正直なところ白湯でも十分おいしいけど、
紅湯のほうが確かに複雑で厚みのある味かも。

ところで、前回このレストランで、
「退秋魚は鱗がない魚なの?じゃ、食べない」
という人がいた。
周囲の中国人に聞いてみたら、
「鱗のない魚は食べると持病が再発するから」
という答えが返ってきた。
鱗のない魚は「発物(fa1wu4)」、
つまり食べると傷や腫れ物が出来やすくなったり、
持病が悪化しやすくなる食べ物だそうだ。

塩幇生煎肉(yan2bang1 sheng1jian1rou4):?元
豚肉と青唐辛子の炒めもの

P1080948.JPG

青唐辛子と書いたけど、そんなに辛くない。
これいけました。

老湯煨豆腐(lao3tang1 wei4 dou4fu):?元
厚揚げ豆腐のスープ煮

P1080947.JPG

これね、赤くないけど、
○美屋の麻婆豆腐の味がした……

担担麺(dan1dan1mian4):?元
タンタンメン

P1080949.JPG

お碗のサイズの割にたっぷり入ってるのでかき混ぜるのが大変。
でも頑張ってかき混ぜた甲斐のあるお味。

……と、タケノコ料理でさくっと終わるつもりだったのに
なんだか大長編になってしまった。
長々と失礼いたしました〜!


▼これまでの「錦府塩幇酒楼」関連記事
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之一)
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之二)
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之三)
【錦府塩幇酒楼】白灼瓜尖


▼お店情報
錦府塩幇酒楼
海淀区中関村南大街31号 空間技術研究院院内
010-6819-6222/6819-6773
P1220696.JPGP1220698.JPG
<アクセス>
地下鉄4号線「国家図書館駅」下車。
中関村南大街を北へ向かうと、左手(西側)に見えてきます。
湖北大厦のちょうど向かい側です。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からまたアクセスできるようになりました!


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス

posted by ayazi at 00:00| 北京 | Comment(0) | 蔬菜類(野菜料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: