2013年04月03日

【小掌灯香鍋】麻辣香鍋

麻辣香鍋(激辛五目鍋炒め)
麻辣香鍋(ma2la4xiang1guo1)
P1080796.JPG
【ところ:金宝街/ねだん:記事参照】

久々の麻辣香鍋食べ歩き隊。
今回は、金宝街にある小掌灯香鍋を攻めてみた。

というといかにも始めからここをターゲットにしてやって来たような感じだが、
実は成り行きでやって来たお店。
本当はすぐ近くにある「大年三十」という餃子屋さんに行きたかったのだが、
ネットでの評判があまりにもボロボロだったので気持ちが挫けてしまい、
「そういや、すぐ近くに麻辣香鍋の店があったけ……」
と思い至って行き先変更したというのが真相。
ネットの店内写真を見ると
お庭があってなかなか趣きのある雰囲気だったのにも背中を押された。

金宝街から胡同をひょいっと入ったところにあってちょっと隠れ家風。
でも金宝街沿いの目立つところに看板があるので実は分かりやすい。

P1080787.JPG

右にあるかと思いきや、

P1080788.JPG

その先の左側が入口。

P1080789.JPG

ほら、店名にちなんで手持ちの灯りがあしらわれていたりして、
なんだかいい感じでしょう?

……なんだけど、
店内に入ったらものすごく普通のお店だった。
(店内写真は撮り忘れました)

うーん、一応四合院っぽい造りになってるので、
もう少し手をかけて工夫したら素敵な雰囲気になると思うのに、
なんだかもったいない。
でもこの「惜しい!」感じのゆるさが逆に心地いいと言えるかも。
最近こじゃれた店が増えすぎたせいか、
この手のおしゃれになりきれてないお店のほうがホッと和むんだよなあ。

さて、麻辣香鍋である。

辛さは中辣(zhong1la4)と迷った末に、
無難な微辣(wei1la4)を頼んだ。
(調味料代として15元かかります)

具は3人がそれぞれに好物を頼んでいったら、
あっという間に10種類。
店員さんに「そのくらいで十分」と止められた。

P1080795.JPG
(最近は麻辣香鍋も、鍋ごとやボウルじゃなくて、こんな大皿で出すお店が増えた)

恒例の麻辣香鍋時計で一気にご紹介!

P1080797.JPG
(上から時計回りに)
鶏翅中(ji1chi4zhong1)=鶏手羽中:26元
藕片(ou3pian4)=レンコン:14元
青笋(qing1sun3)=ウオスン:12元
平磨iping2gu1)=ヒラタケ:14元
山薬(shan1yao4)=ヤマイモ:16元
撒尿牛肉丸(sa1niao4 niu2rou4wan2)=スープ入り牛肉団子:26元
黄喉(huang2hou2)=ノドブエ:22元
鵪鶉蛋(an1chun2dan4)=鶉卵:18元
冬笋(dong1sun3)=タケノコ:14元
寛粉(kuan1fen3)=幅広春雨:12元


撒尿牛肉丸、
かじると中からピュッとスープ(というか脂?)が飛び出してくるので
この名前があるんだけど、
最初から半分に割って合ったんじゃ意味ないよな。

この日の大ヒットはヤマイモとタケノコ。
ヤマイモはシャキシャキとホクホクの間の絶妙の歯ごたえが
なんとも言えなかった。
タケノコも風味があっておいしかった。
もう少し厚切りだともっと食感と味がはっきり分かってよかったかな?

辛さは微辣で正解。
他のお店のものより唐辛子少なめで見た目も赤くないし
最初はそれほど辛さがガツンと来ないので、
「これなら中辣でもよかったかな」と思ったが、
後からジワリジワリときいてくる。
花山椒も控えめ。
全体的にとても素直な嫌味のない味で、
さらりといくらでも食べられる。

龍順園のような複雑で奥深い味わいはないけど、
このあっさりしたストレートな味も捨てがたい。
おかげで10種類の具をきれいに食べつくした。

P1080799.JPG
(これで私も「光盤族」の仲間入り!)

あと2〜3種類頼んでもよかったかも。
次はもう少し人数を集めて、
目に付いた具を片っ端から注文しよーっと。

▼これまでの「麻辣香鍋」関連記事
【龍順園麻辣香鍋】麻辣香鍋
【辣麻香鍋】麻辣香鍋
【楽食派麻辣香鍋】麻辣香鍋

***

麻辣香鍋のほかに注文したのはこの前菜2つ。

紅油百葉(hong2you2 bai3ye4):28元
センマイのラー油ダレ和え

P1080791.JPG

涼拌豆苗(liang2ban4 dou4miao2):22元
豆苗の和えもの

P1080793.JPG

豆苗をゆでて和えものにするって、意外とない発想だな。
自分でもやってみよっと。

それと、ご飯。

麻辣香鍋が出たら、すかさず店員さんが
「ご飯いりますか?」
と聞いてきたので、思わず頼んでしまった。
麻辣香鍋にご飯、どうやら定番のようだ。


◆お店情報
小掌灯香鍋
東城区金宝街東段路北小雅宝胡同62号
010-6512-5254
P1080789.JPG
<アクセス>
朝陽門から西に伸びる朝陽門内大街と
建国門から西に伸びる東長安街の間にある金宝街にあります。
かなり二環路寄りで、二環路と朝陽門南小街の中間あたり。道の北側。
「大年三十」という餃子屋の向かいにある胡同を入っていったところです。
P1080787.JPG
(ココから胡同入る)


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からまたアクセスできるようになりました!


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 14:10| 北京 | Comment(1) | 川菜(四川料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大年三十餃子に美咲という知り合いが務めているんですよ。
Posted by momo at 2014年06月21日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: