2012年12月14日

【彤彤海鮮魚館】天津小海鮮(之二)

天津の庶民派海鮮料理
天津小海鮮(Tian1jin1 xiao3 hai3xian1)
P1060417.JPGP1060418.JPG
P1060420.JPGP1060421.JPG
【ところ:天津/ねだん:?】

まだまだ続く小海鮮の宴。
お次は……あ、一休みして前菜だった。

木耳菜(mu4er3cai4)=ツルムラサキの和えもの
P1060414.JPG

ちょとぬめっとしているところがこの野菜のチャーミングポイント。
ニンニクがかなりきいていて存在感のある味付けだった。

そして木耳(mu4er3)=キクラゲと山薬(shan1yao4)=ヤマイモの炒めもの
P1060416.JPG

これはちょっとね、思ったより甘くて微妙な味だった。
もう少し甘さ控えめだともっとおいしかったかな。

ちょっとテンション下がったところですかさず登場したのが
白蝦(bai2xia)の唐揚げ
P1060417.JPG

いやあ、これはいい!
香ばしい!
ビール持ってこーい!!
と言いたいところだけど、
こっちの人は海鮮にはビールを合わせないのよね。

川エビもサクサクしてて歯ざわりが楽しいけど、
これはサクサクして香ばしい上にエビのぶりっと感もちゃんとあって満足度高し。

そして隣のテーブルで頼んでて気になってた料理も登場。

蝦皮(xia1pi2)=干しエビと小白菜、粉絲(fen3si1)=春雨の炒めもの
P1060418.JPG

蝦皮と小白菜はよくある組み合わせ。
そこにちゅるちゅるの春雨が入っていて、好物だらけの一品に。

お次は龍頭魚(long2tou2yu2)=テナガミズテングのフリッター
P1060420.JPG
上に盛大にかかっているのは山椒塩。

テナガミズテングって
頭部がシャイニングのジャックニコルソンの顔にサメの歯がついたみたいで、
かなりホラーで怖いんだけど、
火を通すとすごくやわらかくて、しかも淡泊で上品な味。
揚げるとサクサクで中身はほふんとやわらか。
大好き。

次に出てきたのは、
「辮子(bian4zi)=お下げ、弁髪」という名前の魚の紅焼(hong2shao1)=醤油煮
P1060421.JPG

辮子というのは通称で、本当の名前は分からなかった。

これもとても淡泊でよかった。
いったん揚げてから醤油味で煮込んであって、
ずびずびした食感の煮物が好きな私には大変ツボだったなあ。

いやあ、いろいろありすぎてなかなかこの日の食卓の主役にたどりつかない。
このお店のネタ、もう1回引っ張ります。


▼これまでの「彤彤海鮮魚館」関連記事
【彤彤海鮮魚館】天津小海鮮(之一)


◆お店情報
彤彤海鮮魚館
天津市河北区宇緯路(四馬路口)
P1060391.JPG
<アクセス>
こちらのページの地図でご確認ください。
*住所に宇緯路(四馬路口)とあるので四馬路との交差点だと思うのですが、
 地図ではどうも三馬路との交差点近くになっているような……
 近くに行ったら周囲の人に聞いてみてください。
 すみません!
*ちなみに彤はtong2と読みます。
 この発音がいつまでたっても覚えられなくて忘れちゃうんだなあ……


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | 魚類(海鮮・川魚・魚介料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: