2012年10月18日

【SUSU(蘇蘇)】越南煎餅

バインセオ
越南煎餅(Yue4nan2 jian1bing3)
P1050814.JPG
【ところ:美術館/ねだん:?元(チェック忘れました)】
*SUSUの中国語メニューでは違う名前になってるかも……
 でもたぶん、こんな感じの名前のはず。

(確か)週末のお昼しか出していないSUSUのバインセオ。
ようやく食べることができた。

日本では「ベトナム風お好み焼き」と呼ばれることが多いみたいだけど、
どっちかっていうと「ベトナム風クレープ」のほうが実態に近いかな。
いや、一番近いのは中国で言うところの「煎餅」かも。

P1050815.JPG

米粉、ココナツミルクベースの生地に
豚肉やもやしなどの具を入れて薄く焼き上げたもので、
一口大にちぎってミントやバジルなどのハーブと一緒にレタスなど葉もの野菜でくるみ、
ニョクマムと酢を使ったソースにつけて食べる。

P1050816.JPG

▼詳しい説明はこちらでどうぞ。
バインセオ(ウィキペディア)

ということなのだが、
実は私、今回がお初。

ベトナムに行ったことのない私にはベトナム度は計れないが、
さっぱりしていてなかなかおいしかった。
ベトナムに行ったことのある人によると、
ここのバインセオはかなり本場の味なのだとか。

野菜、特にハーブがもりもり食べられるあたりが女子心をくすぐる。
小麦粉ではなく米粉ベースのせいか、
パリッとした焼き上がりであまり重量感がないのも人気の秘密?

パリパリな焼き上がりのせいか、
「脆煎餅(cui4jian1bing3)」と呼ぶ人もいるみたい。
「脆」はパリパリとして歯ざわりがよいこと。

北京の胡同のベトナム料理レストランで
週末ランチにバインセオ。
これもまた一興。


▼これまでの「SUSU(蘇蘇)」関連記事
・【SUSU(蘇蘇)】隠藏在胡同最深処的越南菜館
【SUSU(蘇蘇)】越南菜
【SUSU(蘇蘇)】越南菜(之二)


▼お店情報
SUSU(蘇蘇)
東城区銭粮胡同西巷10号
010-8400-2699
P1290628.JPG
<アクセス>
美術館(華僑大廈のある交差点)から美術館東街を北へ。
隆福医院の先にある胡同をさらに80mほど進み、右折。
さらに50mほど進み右手の最初の胡同(銭粮西巷)を入った突き当りです。

*最近は内部営業ではなくなったみたい。
予約客以外も受け付けている?
でも、やはり予約が無難だと思います。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
posted by ayazi at 00:00| 北京 | Comment(0) | 各国菜(各国料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: