2012年09月07日

【新成削麺館】涼拌苦瓜

ニガウリの和えもの
涼拌苦瓜(liang2ban4 ku3gua1)
P1050602.JPG
【ところ:前門糧食店街/ねだん:10元くらい】

ある朝、日本からの国際電話を受けた。
出てみると、相手はなんと酒徒さん。
上海を台風が直撃し日本からのフライトが全便欠航したので、
急遽北京経由で出張先に飛ぶとのこと。
ついては夜食事を、という連絡だった。

おお、酒徒さんと北京でゴハン、久し振り!
(日本では前回の一時帰国中に
 お連れ嬢を交えて2日間にわたって飲み食べ歩いたが)

もちろんOK。
実は先約のあった広東少女さんに事情を話して合流することにしてもらい、
さらにおおたまさんにお声がけ。

行き先はお任せとのことだったので、
「絶対にお好きなはず」
と踏んで、前門のレトロ食堂、新成削麺館を選んだ。

その時に頼んだ前菜の1つがこれ。
夏場になると、
身体を冷やし、のぼせを取るニガウリを使った料理が食べたくなる。

っていうのは後付けの理由で、
確か別のものを頼んだんだけど品切れでこれにしたのだった。
はは。

そんな消極的な選び方をしたけれど、
食べてみればほのかな苦味がさわやかでおいしい。
緑も鮮やかで、食卓に夏らしさを運んでくれた。

ここのはニンジンと腐竹(fu3zhu2)=中国湯葉も入っていて
ニガウリだけだと単調になりそうなところにいいアクセントが添えられていた。

味付けはこの店らしく、シンプルな塩味。
いやホント、これでいいんだよなあ。

この日は和えもので食べたが、ニガウリは炒めてもおいしい。

▼炒めた版
【咱家餃子】清炒苦瓜

***

ほかに頼んだものはこちら。

拌豆腐絲(ban4 tu3dou4si1)
細切り押し豆腐の和えもの

P1050600.JPG

▼料理についてはこちらをどうぞ。
【圓鑫餐館】拌豆腐絲

地三鮮(di4san1xian1)
ナス、ジャガイモ、ピーマンの揚げ炒め

P1050601.JPG

▼料理についてはこちらをどうぞ。
【咱家餃子】地三鮮

葱爆羊肉(cong1bao4 yang2rou4)
葱と羊肉の炒めもの

P1050603.JPG

▼料理についてはこちらをどうぞ。
【海碗居】葱爆羊肉

どれもとてもシンプル。
ここの味付け、好きだなあ。

ほかに溜肥腸と煮花生米(zhu3 hua1sheng1mi3)=ゆで落花生をつまみながら、
4人で燕京をずらりと並べてご機嫌さん。

P1050606.JPG

え?
4人にしては頼んだ料理の量が少ない?

それはですね、
せっかくの久々北京ゴハンであるからには、
ここ1軒でおしまいにしてしまうのはもったいない!
ということでハシゴを目論んでいたから。

料理もがっつり行きたいし、刀削麺もかっこみたいところだけど、
そこそ少し控えめにして胃袋容量を残したまま、
さあ!2軒目へGO!!


▼これまでの「新成削麺館」関連記事
【新成削麺館】神奇的国営風格老店
【新成削麺館】小炖肉刀削麺
【新成削麺館】溜肥腸
【新成削麺館】木須肉


◆お店情報
新成削麺館
西城区糧食店街55号
010-6304-8560
P1040099.JPG
<アクセス>
地下鉄2号線「前門」駅下車。
前門大街の1本西にある糧食店街という胡同を南へずっと歩いていくと
道の右手(西)にあります。
かなり珠市口寄り、前門大街にあるH&Mよりもちょっと南寄りです。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 00:00| 北京 | Comment(2) | 涼菜(前菜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9/9-13に渡燕しておりました。所要を済ませてから、ayaziさんお薦めのこの店に行ってきました。9/12は秋風も爽やかでしたね。前門からあちこち胡同を漂いながら、11:00ごろにお伺いしました。既におっさん数名が燕京でやり始めていました。老板の張占虎さんが非常に親切で、奥のテーブルでゆっくりすることができました。5品とビール4本堪能しましたが、お値段にも吃驚です。またいこうと思います。胡同風情もまたよし。
Posted by 龍心 at 2012年09月16日 12:45
>龍心さんへ

平日の昼から燕京のおっさん、いいですねえ。
老板は張さんとおっしゃるのですね。
お店の人が(ちょっとおせっかいなくらい)世話焼きな感じがなんといえずいい雰囲気です。
Posted by ayazi at 2012年09月19日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: