2012年06月29日

【通楽飯館】夏天到了,吃“麻小”去!

夏だ!ザリ食べよう!
夏天到了,吃“麻小”去!(xia4tian1 dao4 le,chi1 “ma2xiao3” qu4)
P1030705.JPG
【ところ:東直門/ねだん:1匹10元】

夏は「麻小」の季節。
「麻小」は麻辣小龍蝦(ma2la4 xiao3long2xia1)、
つまりザリガニである。

端午節を過ぎるとザリガニの最盛期。
てことはつまり、ザリガニ夏祭りが本格的に幕を開けたってこと。

北京でザリガニといえば鬼街。
鬼街でザリガニといえばここ、通楽飯館。

P1030686.JPG

1匹10元の大ぶりザリガニに会える店。

P1030700.JPG

ちょっと行儀よく並べすぎたかな?

P1030703.JPG

10元クラスだとこのくらいでかい。

P1030710.JPG

最初は手袋しててもそのうちなし崩し的に素手になっちゃうのもお約束。

P1030712.JPG

1人3匹じゃ満足できずに第2ラウンド。
10元ものが品切れとのことで、やむなく8元サイズを注文。

P1030714.JPG

湯上がり系。

しかしこれさっきの10元サイズとそんなに変わらないな。
次から8元でもいいかも。

いや、最大サイズは12元らしいから、
やはりそれを攻めねばならんな。

いや、鬼街で通楽飯館と並ぶザリガニ人気店の胡大にも行かねば。
まだ末訪問なのよね。
おし!このシーズン中に行くぞ!!

***

通楽飯館にはザリガニだけじゃなくてこんな料理もあるよ。
(以下、値段不明)

毛豆(mao2dou4)
枝豆

P1030687.JPG

肉皮凍(rou4pi2dong4)
豚肉煮こごり

P1030688.JPG

拌苤藍絲(pie3lan2si1)
細切りコールラビの和えもの

P1030696.JPG

小皮蛋(xiao3 pi2dan4)
うずらピータン

P1030693.JPG

韮菜搾菜炒肉絲(jiu3cai4 zha4cai4 chao3 rou4si1)
ニラ、ザーサイ、細切り肉の炒めもの

P1030695.JPG

螞蟻上樹(ma3yi3 shang4shu4)
挽肉と春雨のピリ辛炒め

P1030691.JPG

香辣土豆絲(xiang1la4 tu3dou4si1)
細切りジャガイモの香り揚げ

P1030689.JPG

葱焼木耳(cong1shao1 mu4er3)
キクラゲの葱炒め

P1030692.JPG

砕米鶏(sui4mi3ji1)
鶏挽肉と漬け物の炒めもの

P1030694.JPG

素炒餅(su4 chao3 bing3)
烙餅の細切りと野菜の炒めもの

P1030719.JPG

6時半すぎから満席になり、
9時近くになっても席待ちの人が絶えない人気店。

夏のザリガニ祭はぜひ通楽飯館で!
(胡大もよろしくね!)


▼これまでの「通楽飯館」関連記事
【通楽飯館】麻辣小龍蝦
【通楽飯館】螞蟻上樹


▼お店情報
通楽飯館(東直門二店)
東城区東直門大街10号楼−3号
010-8407-1481/8661-6088
P1290696.JPG
<アクセス>
東直門から東直門大街を西へ向かうと、道の南側にあります。
3〜4分くらいで着きます。

*料理はどれも
「不要放味精(bu2 yao4 fang4 wei4jing1)」(化学調味料を入れないでください)
とお願いしています。



■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス

posted by ayazi at 00:00| 北京 | Comment(6) | 魚類(海鮮・川魚・魚介料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前にも見た記憶がありますが、ザリガニ美味しそうです
在来種でしょうか・・・まさかアメリカザリガニなんて事ないですよね(笑)
Posted by katka(かてぃか) at 2012年06月29日 11:55
>katka(かてぃか)さんへ

そのまさかのアメリカザリガニだと思います。
おいしいですよ!
Posted by ayazi at 2012年06月29日 13:46
夏になるとザリガニ料理を出していたケイジャン料理のお店、東京・下北沢のBig Chiefが閉店してしまいました。宮古島でリニューアルオープンするようですがケイジャン料理風のピリ辛ザリガニ料理を出してくれた東京では(たぶん)唯一のお店だけに残念です。どうもケイジャン料理、クレオール料理というのは日本ではあまり人気ないようで、他にケイジャン料理のお店は見当たらないです。
東京だと、歌舞伎町の「上海小吃」、六本木のスウェーデン料理レストランでもザリガニの料理は食べられるらしいのですが、常にザリガニがあるのかどうかは知らないのでザリガニ料理目指してその2店に突撃するのは躊躇しています。
Posted by Mikhaela at 2012年07月13日 13:24
>Mikhaelaさんへ

東京でもザリガニ料理メニューを出しているお店があるのですね。
でも東京で食べるとなると高そう。
築地でも高級食材なんだそうですね。
Posted by ayazi at 2012年07月13日 13:59
下北沢のBig Chiefのピリ辛ザリガニ料理はそんなに高価ではありませんでした。
アメリカザリガニは養殖の食用蛙の餌として日本に輸入されたはずなのに、調べてみたら築地でフランス料理の食材として「エクルビス」の名で売られるときは1キロ2000円とか3000円とかでエビ類でも高価なほうだそうですね。
アメリカ産のザリガニでアメリカザリガニとはもともとの産地が異なるウチダザリガニというのも日本にはいます。食用のウチダザリガニは阿寒湖などの冷たい綺麗な湖水で育ったもので、アメリカザリガニより清潔感(?)あり、図体は大きめ、姿も色もオマールにちょっと似ていますが駆除対象にされてしまったためかアメリカザリガニより少し安いようです(通販サイトに1キロ=1785円と書いてあります)。
参考までに(中国で見られるかな?)↓
http://www.akan-gyokyo.com/fish/index.html
Posted by Mikhaela at 2012年07月14日 07:10
>Mikhaelaさんへ

阿寒湖なら泥臭さはなさそうなイメージありますね(笑)。
匂い消し(?)に麻辣味にしなくても塩ゆでで大丈夫そう。
そういえば、私も小さい頃祖母の家近くでアメリカザリガニ釣って食べた時は塩ゆででした。
Posted by ayazi at 2012年07月14日 09:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: