2012年06月07日

【順一府餃子館】餃子

餃子
餃子(jiao3zi)
P1030446.JPG
【ところ:王府井/ねだん:記事参照】

友人と待ち合わせて、
王府井の北京APMにあるGAPへベビー服を買いに。
(北京APMはもとの新東安市場のことだって!
いつから北京APMなんて名前になったんだ??)
最近出産した友人へのプレゼントだ。

GAPのベビー服、あまりの可愛らしさにおばちゃん大興奮。
「この棚、ぜんぶいただくわ」
と泉ピン子ばりに言いたくなる気持ちを抑えつつ(古)、
オーバーオール風デニムとおそろいの帽子をセットでお買上。

さて、夕飯は近くの春餅店か鹵煮火焼店にでも行こうかと思っていたのだが、
あいにく雨に降り込められてしまった。

▼春餅店はココ!
【立中春餅大王】春餅
・鹵煮火焼店は近日公開です!

仕方がないのでビルの中でお店を探す。
外婆家というレストランが人気だというので最初はそこを目指したが、
この有様。

P1030440.JPG

小さいテーブルで85組待ち
中くらいのテーブルで71組待ち……
(これ違いました。今85組目、71組目という意味ですね。
 でも実際このくらい待ちそうな混み具合ですが)

P1030441.JPG
(こんなちゃんとした席待ち表示、初めて!)

そこまでして食べたいという思い入れのない私たちはあっさり断念。
それで入ったのがすぐ隣(斜向かい)にあったこの餃子店だ。
(これも違ってました。
 位置関係的には斜向かいだけど、階違いでした。
 外婆家は6階です。ごめんなさい!)

頼んだ餃子は2種類。
いずれも3両ずつ。
3両分で15個かな?
てことは1両5個。

猪肉芹菜(zhu1rou4 qin2cai4):8元
豚肉×セロリ

P1030447.JPG

鶏蛋西葫蘆(ji1dan4 xi1hu2lu):7元(1両)
卵×西葫蘆(ズッキーニの一種)

P1030449.JPG

いや、悪くないです。
皮も結構むちむちで餡もまあたくさん入っている。
飛び切りおいしいってとこまではいかないけど、
買い物後に軽く食事するには十分かもしれない。

ほかにも前菜と汁物を注文。

花椒油拌苤藍絲(hua1jiao1you2 pie3lan2 si1):10元
細切りコールラビの花山椒油和え

P1030443.JPG

▼料理についての詳細はこちら。
【福満園】苤藍絲
【二月二春餅・家常菜】苤蘭絲
(あら、蘭の字違ってるな。直しておかな)

白菜豆腐砂鍋(bai2cai4 dou4fu sha1guo1):22元
白菜と豆腐の土鍋スープ

P1030444.JPG

どちらも無難なところ。
王府井で買い物してて雨に降られてとにかく何か適当に食べようか、
という時には選択肢に入れておいてもいいかも。
そんな機会、そうそうないか……

情報として
「北京APM(新東安市場ね)に餃子屋があって、味もそうまずくはない」
ということを知っているといつかは役に立つ……かも!?


◆お店情報
順一府餃子館
東城区王府井大街138号北京APM5階513-515号
010-6513-9558
P1030442.JPG
<アクセス>
王府井大街を北上し、最初の交差点の南東角。
旧「新東安市場」です。


*料理はどれも
「不要放味精(bu2 yao4 fang4 wei4jing1)」(化学調味料を入れないでください)
とお願いしています。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス

posted by ayazi at 00:00| 北京 🌁| Comment(12) | 主食(ご飯もの・麺・小麦粉料理など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日のお食事はとてもヘルシーにみえます
いつもの料理も美味しそうですが、たまにこういったブログを読むとほっとします

僕だけでしょうけどね(笑)
Posted by katka(かてぃか) at 2012年06月07日 09:06
中国に住んでいたとき、いつも部屋で茹でて食べていた冷凍の餃子(ワンチャイというメーカーの黄色の袋の冷凍餃子)が食べたくなってきました。中国の水餃子は、スーパーの冷凍餃子さえもいろいろな種類の餡があって楽しくて美味しかったなあ、、、。

何?「北京APM」とな?名称を横文字にするのは何のためでしょう?まさか漢字の読めない外国人観光客のため?(APMとは何の略でしょう?)
Posted by Mikhaela at 2012年06月07日 18:25
いつも楽しく拝見しています
順一府ときどき利用します。ここの煎餃は日本人好み?で美味しいです。よかったらお試しください(*^^*)
Posted by mamaco at 2012年06月07日 21:36
新東安市場が改名してしまったのですか?しかも聞き慣れないものになってしまいましたね。あの建物ができた当初はなかなか北京的でよかったのですが・・・・。経済最優先の昨今では、名前までも素っ気ないものになってしまうのでしょうか。日本の行政区域名や箱物の命名のようですね。
Posted by 龍心 at 2012年06月07日 22:10
>katka(かてぃか)さんへ

今回の食卓は確かに白っぽくて刺激感はないですね。
2人でぱぱっと食事しようという感じだったのでこんな食卓になりました。
Posted by ayazi at 2012年06月08日 14:11
>Mikhaelaさんへ

冷凍餃子は種類豊富ですよね。
黄色いの、よく見かけます。
APMは、「am+pm=apm日日夜夜玩不停」だそうです。
オフィシャルサイト→http://www.beijingapm.cn/
Posted by ayazi at 2012年06月08日 14:20
>mamacoさんへ

コメントありがとうございます!
ついつい水餃子ばかりを頼んでしまうのですが、煎餃がおいしいのですね。
今度機会があったら試してみます。
Posted by ayazi at 2012年06月08日 14:21
>龍心さんへ

新東安市場が出来たのは確か98年の冬だったと思います。
長期旅行に出て、帰ってきたら開店してました。
興奮して行ってみたことを思い出しました。
APMだなんて、なんだかコンビニみたいな名前になっちゃいましたよね。
Posted by ayazi at 2012年06月08日 14:25
ありがとうございます。
ご存知かもしれませんが2011年年末にam/pmは日本では全店舗消滅しました。am/pmアメリカの1号店はカリフォルニア州にあるガソリンスタンドに併設の24時間営業のコンビニでした。当時カリフォルニア州で一緒に暮らしていた家族と「便利な店が出来たねー」などと言っていたら、日本にもできたのをよく覚えています。
アメリカで聞いた話では午前でも午後でも1日じゅう営業しているお店だからam/pmという名前にしたとのことです。

ps.湾仔の黄色い袋の冷凍餃子は皮が薄くて、皮のもちもち感を重視する方にはもの足りないかもしれません。
Posted by Mikhaela at 2012年06月08日 16:28
東安市場は、戦中北京に住んでいた日本人にとっても思い出の場所のようですね。

先日帰省した時、父に、「烤羊肉はどこで食べたの」と聞いたところ、「東安市場だ。今は東風市場だろ」と言うので、「また東安市場に戻ってるよ」などと話をしてきたんですがね。
Posted by ジミー荒川 at 2012年06月09日 01:01
>Mikhaelaさんへ

am/pm、もうないんですね。
ネーミングの発想的には北京APMと同じですね。
こっちがパクリでしょうか。
Posted by ayazi at 2012年06月13日 18:43
>ジミー荒川さんへ

施設名は北京APMになってるようですが、建物の上には相変わらず「新東安市場」と表示が出ています。
いつの間にかまた「新東安市場」に戻るかもしれませんね。
Posted by ayazi at 2012年06月13日 18:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: