2012年03月08日

【小腸陳飯荘】炸窩頭

トウモロコシ蒸しパンの薄切り揚げ(干しエビとエビ味噌添え)
炸窩頭(zha2 wo1tou2)
P1020504.JPG
【ところ:外館斜街/ねだん:18元】

鹵煮什錦火鍋には火焼が入っているわけだから、
わざわざ主食を別に注文する必要はまったくなかったのだが、
そんな理性的な判断を吹き飛ばしたのがまたもメニュー写真。

こんがり黄金色に香ばしく揚がった窩頭に、
蝦皮(xia1pi2)と蝦醤(xia1jiang4)〜〜〜〜?
そんなのうまいに決まっている。
大人数なのをいいことに、これも注文!注文!

そして一口カリッとかじって、
「ウオォォォォ〜ッ!」
と心の中で雄たけびを上げた。

こっ、これはっ、たまらん……

窩頭はトウモロコシの粉をこねて円錐形にしたものを蒸して作る主食。
トウモロコシの粉はモソモソしていて、
口の中の水分を奪い取ってしまうようなもっそり感があり、
それになんとなく貧乏臭くて好きではなかった。
窩頭に限らず、
お粥や「貼餅子(tie1 bing3zi)=トウモロコシ粉のパンケーキ風」も
あまり好きではなかったのだが、
今ではすっかり大好物だ。

窩頭はそれでもやはりもっそり感が強くて食べにくいのだけれど、
スライスして揚げた炸窩頭となると話は別。
サクサクとは言えないガリガリとした力強い歯ごたえが
だんだんクセになっていく。

最初に炸窩頭を食べた時につけて食べたのは
忘れもしない「お便所臭い」と悪名高い王致和の臭豆腐だったのだが、
これを旨いと感じたのだから不思議なものだ。
以来、王致和の臭豆腐も平気になった。

ここで炸窩頭につけて食べるのは蝦皮と蝦醤。
素朴でそっけない炸窩頭と蝦のうまみが凝縮したトッピング。

P1020512.JPG

すっ、素敵。


***

最後にこの日頼んだその他の料理をざっとご紹介して
長々と続いた小腸陳シリーズは終了。

老醋花生米(lao3cu4 hua1sheng1mi3):8元
揚げ落花生の黒酢浸し

P1020484.JPG

涼拌什蔬(liang2ban4 shi2shu1):22元(大)
各種野菜と細切り押し豆腐の和えもの

P1020486.JPG

蜜汁小棗(mi4zhi1 xiao3zao3):12元
ナツメの甘煮

P1020485.JPG
(まっくろけっけですが)

涼拌蒿子杆(liang2ban4 hao4zigan3):10元
春菊の和えもの

P1020488.JPG

干炸小黄魚(gan1zha2 xiao3huang2yu2):18元
イシモチの唐揚げ

P1020498.JPG

麻豆腐(ma2dou4fu):15元
緑豆おからの炒めもの

P1020502.JPG

これは深みに欠けて今ひとつだった。
やはり麻豆腐は清真の店のほうがいい気がする。

醋溜白菜(cu4liu1 bai2cai4):12元
白菜の酸味炒め

(写真撮り忘れた……不覚!)

大好きな野菜料理。
甘みの増す冬の白菜で作ると、一際おいしい。

陳家小炒(chen2jia1 xiao3chao3):20元
陳家風野菜の炒めもの

P1020510.JPG

シャキシャキ野菜満載のさっぱりした野菜炒め。
いい箸休めになった。

P1020511.JPG

全部で11人の食卓。
むふ。
よい眺めじゃ。


▼これまでの「小腸陳飯荘」関連記事
【小腸陳飯荘】鹵煮什錦火鍋
【小腸陳飯荘】京味炖吊子
【小腸陳飯荘】脆皮肥腸
【小腸陳飯荘】椒塩腰花
【小腸陳飯荘】爆三様
【小腸陳飯荘】西芹炒肝尖


◆お店情報
小腸陳飯荘(朝陽店)
朝陽区外館斜街甲45号
010-6426-0208
お店HP
P1020478.JPG
<アクセス>
地下鉄2号線「安定門」駅から安定門外大街を北上、
または地下鉄2号線「鼓楼大街」駅から鼓楼外大街を北上した、
外館斜街沿い(南側)にあります。
安定門駅からはちょっと北上した「地壇西門」から123番か113番バスが便利。
「安華西里」で下車して東へ50mほど戻ったところにあります。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 00:00| 北京 🌁| Comment(10) | 主食(ご飯もの・麺・小麦粉料理など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしすぎます!ああ、大勢で楽しまないとこうはできないですね。窝头の口の中の水分のくだり、めっちゃめちゃうなずきました。口福ですね。
Posted by えこら at 2012年03月08日 10:05
>えこらさんへ

大人数だとこういう怒濤系オーダーができるのがうれしいです。

窩頭はモソモソして口の中がぱさつく感じですよね。
ゆで卵が嫌いな方はダメかもしれません。
Posted by ayazi at 2012年03月08日 14:13
もつに加えて、こんな素晴らしすぎるメニュー構成だったとは・・・
怒涛のオーダーうらやましい限りです。
やっぱり北京の食っていいなあ。

窩頭は食べた事がありません。
ゆで卵の喩えを出されてましたが、私は固ゆで卵には醤油派です(笑)
揚げたてに醤油ってのはどうなんだろう、と考えてしまいました^^

Posted by VIOLA at 2012年03月08日 20:16
個人旅行では絶対に出来ないオーダーです
羨ましいな〜

陳家風野菜の炒めものに一票(笑)!
Posted by katka(かてぃか) at 2012年03月13日 10:00
はじめまして!!
おいしそうですね〜!
「老醋花生米」が大好きで検索したら辿り着きました!
私は中国も中国の料理(特に野菜料理や家庭料理)が大好きです!!
小麦粉料理も好き!!
今度北京に行く際には参考にさせていただきます!!!
これからも楽しみにしています!
ブログや本を私のブログでも紹介させていただいて良いでしょうか?
よろしくお願いいたします!
Posted by 田邉和子 at 2012年03月15日 00:12
>VIOLAさんへ

(コメント返信遅くなってしまってごめんなさい!)

これだけたくさん頼めたのはやはり人数が多かったからでしょう。
でもモツ料理をあれだけ頼んだ上でこの皿数を気軽に注文できるのは、やっぱり北京ならではかな?

ゆで卵、私は塩派です。
いや、最近は何もつけないことが多いかも。
Posted by ayazi at 2012年03月20日 13:35
>katka(かてぃか)さんへ

人数の勝利です。
陳家風野菜の炒めもの、あっさりしていて箸が進みました。
おいしかったです。
Posted by ayazi at 2012年03月20日 13:44
>田邉和子さんへ

(コメントへの返信が遅くなってしまってすみませんでした!)

コメントありがとうございます!
「老醋花生米」、私も大好きです。
黒酢に浸っているだけで身体にいいような気がしてしまいます。

拙著や拙ブログをご紹介いただけるとの由、ありがとうございます!
Posted by ayazi at 2012年03月20日 13:50
体調はいかがですか?
ご紹介させていただく件、ご了承いただきありがとうございます!
さっそく、載せさせていただきます!
本当にこのブログを見つけて大興奮でした!!
私が食べたいものばかりがずら〜っと…どれもおいしそうで…♪
ブックマークにも入れさせてください。
22日のブログで載せますので、なにか不都合がございましたら声をかけてください。
本も購入いたしました♪謝謝♪
Posted by 田邉和子 at 2012年03月20日 21:33
>田邉和子さんへ

ありがとうございます。
おかげさまでだいぶ良くなってきました。

拙著もお買上くださったとの由、重ねてお礼を申し上げます。
少しでもお役に立てますように!
Posted by ayazi at 2012年03月21日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: