2012年03月03日

【小腸陳飯荘】京味炖吊子

北京風豚の腸の煮込み
京味炖吊子(jing1wei4 dun4 diao4zi)
P1020508.JPG
【ところ:外館斜街/ねだん:38元】

過去データがなくなったからというわけではないのだが、
これから数日は「小腸陳・怒濤のモツ祭」と称して
モツモツの宴で食べたモツ料理を1品ずつ続けてアップしようと思う。

手抜き?
持ちネタがなくなったので苦肉の策?

いえいえ、
最近は食事会ネタで1エントリーで複数料理ということが多かったけど、
もともとこのブログは基本1エントリーにつき1品ずつだったのだ。
昔のペースに戻ったということで。

で、今日の料理は京味炖吊子。
北京風の豚の腸の煮込みだ。
ちなみに正統な京味炖吊子には
豚の腸のほかに肺やゆでた豚の頭肉が入るとのことだが、
ここ小腸陳のは腸のみ(だったと思う)。

手前に浮かんでいる白いものはニンニク。
匂いが気になるから避けて食べるって?
大丈夫、周り人もみんな臭いから。
それにこれも京味炖吊子の味の一部なのだ。
四の五の言わずに腸と一緒に口に放り込もう。
生ニンニク、みんなで食べれば怖くない。

腸は下処理がしっかりされていて臭みは感じられない。
脂身は油っこく感じないくらいほどよく残っていてこくこく。
うにうに、むちゅむちゅとした粘りつくような弾力と、
それをシャクッと噛み切った時に口の中にほとばしる旨み。
まるで一頭の豚の旨みがここに集中したかのような凝縮感だ。

豚モツはどの部位もおいしいが、
どこか1つを選べと言われたら、
さんざん悩みながらも最後にはやはり腸を選ぶと思う。

その旨みの凝縮体である腸をしっかり受け止めているのが、
醤油ベースの濃い口煮汁。
おそらくは山椒や八角、トウガラシ、葱、生姜、ニンニクなどが入っていて、
実に複雑な味わいだ。
そこにみじん切りにした生のニンニクが加わることで、
ともすればくどくなりがちな味がピシッと引き締まる。

いやあ、旨いよ、旨い!
鹵煮什錦火鍋ももちろん旨かったけど、
モツの旨みをストレートに味わうならやはりこっちだな。

うう、思い出したら唾がわいてきた。


▼これまでの「小腸陳飯荘」関連記事
【小腸陳飯荘】鹵煮什錦火鍋


◆お店情報
小腸陳飯荘(朝陽店)
朝陽区外館斜街甲45号
010-6426-0208
お店HP
P1020478.JPG
<アクセス>
地下鉄2号線「安定門」駅から安定門外大街を北上、
または地下鉄2号線「鼓楼大街」駅から鼓楼外大街を北上した、
外館斜街沿い(南側)にあります。
安定門駅からはちょっと北上した「地壇西門」から123番か113番バスが便利。
「安華西里」で下車して東へ50mほど戻ったところにあります。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
posted by ayazi at 00:00| 北京 🌁| Comment(4) | 肉類(肉料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ayaziさん、こんにちは
久しぶりに書き込ませていただきます^^

蒜たっぷりのもつ煮込み美味しそ〜
北京のもつ煮込みって醤油ベースが多いんでしょうか?
我が家の煮込みは味噌味、大根、コンニャク入りの定番ものですが、
今度醤油ベースで作ってみようかな・・・

そういえば、私事ですが
2年ぶりの訪中が決まりました!
残念ながら、休みの関係で北京ではなく上海です^^;
甘口、お高めというイメージが強い上海の食べ物ですが、
美味しいもの食べて来られるといいなあ、と
楽しみにしてますです。
Posted by VIOLA at 2012年03月03日 12:35
>VIOLAさんへ

コメントありがとうございます。
醤油といっても日本のものより重めのしっかりした中国醤油なので、
煮込むと結構こくが出ます。
日本の醤油だとあっさりしすぎかもしれませんね。
それと、最初に多めの油でしっかりモツを炒めているようです。

上海へのご旅行が決まったとの由、楽しんでいらしてくださいね。
上海料理は「甘口、お高め」というイメージ通りだと思いますが、
甘口料理ばかりにならないように組み合わせに気をつければOKです。
それに気軽な庶民派のお店や小吃ものもおいしいのでそちらもぜひ!
Posted by ayazi at 2012年03月03日 16:27
ayazi様

御無沙汰致しております。モツ&白酒大好きの二鍋頭です。
帰任後は美味しい中華が中々なく、特にモツ料理はほとんど期待できない日々なので、ここ数回の《モツ祭り》は本当に本当に羨ましく拝見しております。 ああ…見ているだけでヨダレが出てきます…。
Posted by 二鍋頭 at 2012年03月04日 19:32
>二鍋頭さんへ

ご無沙汰しております〜!
二鍋頭さんがいらしたらきっと喜んでいただけたのに……というようなモツ尽くしの食卓だったんですよ!
モツ祭、まだまだ続きます!
Posted by ayazi at 2012年03月05日 17:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: