2011年10月03日

【北平楼】豆汁

緑豆の発酵ドリンク
豆汁(dou4zhi1)
P1300421.JPG
【ところ:恵新東街/ねだん:1元】

これが飲めれば北京人。
北京っ子度バロメーターと呼ばれるディープな飲み物。
それが豆汁。
(北京っ子は「r」がついて「豆汁児(dou4zhi1r)」と発音する)

緑豆から春雨を作る時の副産物で、
でんぷん質を取り除いた後の残り汁を発酵させたもの。

漬物のような饐えた匂いと灰汁のような色に拒絶反応を示す人もいるかも。
味は酸味がけっこうきつい。
でもこれが慣れると意外といけるのだ。

店によって発酵臭のきつさや酸味のつよさに違いがあるのだが、
ここ北平楼のものは発酵臭、酸味ともにわりとしっかり。
だから飲みやすさで言うとそれほどではないけれど、
その分風味がしっかりしていて味わい深い。

豆汁はちょっと辛い漬物と一緒に飲むのが定番。
豆汁を頼むとたいてい一緒についてくる。

漬物を入れると味が変わってまたゴクッといけちゃうから不思議。

P1300425.JPG

さらに焦圏(jiao1quan1):1元というリング状の揚げパンも豆汁とよく合う。
(セットになっているところも多いが、ここは別売りだった)

豆汁と同様に、緑豆から春雨を作る際の副産物なのが麻豆腐。
残り汁のうちの液体は豆汁にして飲み、
残りかすのほうは麻豆腐にして食べる。

麻豆腐(ma2dou4fu):15元
緑豆おからの炒めもの

P1300409.JPG

緑豆おからに青菜の漬物や青豆、大豆などを入れて炒め、
最後に唐辛子入りの油をかけて出来上がりなのだが、
ここのは唐辛子油が別に出てくるタイプだった。

P1300408.JPG

これだと油の量が調節できていいってことかな?
最後の油を少なめにしても炒めている時にすでにだいぶ使っているので
焼け石に水という気もするけど。

豆汁と同様で、発酵の酸味と旨みしっかりめ。
なかなかおいしい麻豆腐だった。


▼これまでの「北平楼」関連記事
【北平楼】炒肝


▼お店情報
北平楼(恵新里店)
朝陽区恵新東街19号恵橋飯店2階(対外経貿大学近く)
010-6491-8115
P1300403.JPG
<アクセス>
地下鉄5号線、10号線の「恵新西街南口」のB出口を出て、
目の前にある道(恵新西街)を左(南)方向へ。
交差点を左折し、北土城東路を東方向に進みます。
次の交差点を左折し(北方向に曲がり)、恵新東街を50mほど行った先にあります。
道の左手(西側)です。


*料理はどれも
「不要放味精(bu2 yao4 fang4 wei4jing1)」(化学調味料を入れないでください)
とお願いしています。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店

posted by ayazi at 00:00| Comment(2) | 北京小吃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豆汁、崇文区(今は東城区か)界隈で飲みに行ったことがありました。北京外城もだいぶ様変わりしたと思います。観光客目当ての豆汁は薄くて法外な値段に閉口しましたが、老北京文化熱は今でもまだあるのでしょうか?
Posted by 龍心 at 2011年10月03日 22:58
>龍心さんへ

一時期のブームのような状態ではなくなったように思います。
ただ、老北京の味はもはや観光とは切り離すことはできなくなってしまったのかも、とも思います。
北京小吃の店にも観光客が増えました。
まあ、私も外人で北京っ子ではないですが(笑)
Posted by ayazi at 2011年10月04日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: