2011年09月20日

【紅爐】黄花木耳打鹵麺

黄花菜とキクラゲのあんかけ麺
黄花木耳打鹵麺(huang2hua1 mu4er3 da3lu3mian4)
P1300364.JPG
【ところ:三里屯/ねだん:16元】

黄花は黄花菜のこと。
金針菜(jin1zhen1cai4)とも呼ばれる乾物で、
炒めものや煮物、スープなどによく使われる食材。
エゾキスゲ、ユウスゲ、ホンカンゾウなどのユリ科の植物の総称で、
つぼみを摘み取って干したものだ。
木耳はキクラゲ。

打鹵麺はくずあんかけの麺のことで、
単に打鹵麺と言えば
それは豚肉、シイタケ、キクラゲ、黄花菜、タマゴなどを煮て
とろみをつけたあんを麺にかけたものを指す。

北京の麺というと炸醤麺というイメージがあるかもしれないが、
実は打鹵麺(da3lu3mian4)を挙げる人も多い。

この黄花木耳打鹵麺は、豚肉の入っていない素麺(su4mian4)。
お肉抜きの野菜版だ。
家にいつも置いてあるような身近な材料だけで作る、
ふだんの食卓に乗るようなごくごく普通の家庭の味だ。

P1300365.JPG
(麺はもっと太いのが一般的?)

ちょっとしゃれたこぎれいな内装で、
ほかの料理はよそ行き顔の凝った盛り付けで出されていたけれど、
こんな素朴な麺があってなんだかホッとした。

このお店、「北京菜」と銘打つ割にはちょっとこじゃれすぎているし、
あれこれいじりすぎている嫌いはあるけれど、
帯魚や小丸子、そしてこの打鹵麺はなかなかおいしかった。
でも老北京には、「こんなの北京菜じゃない!」って言われるかな?
「ベタベタのローカル店が苦手だけど北京っぽいものも食べてみたい」
という人にはありがたいお店かもしれない。


▼これまでの「紅爐」関連記事
【紅爐】自制小壇酸奶
【紅爐】北京菜


▼お店情報
紅爐
朝陽区三里屯南路6号楼
010-6595-9872
P1300333.JPG
<アクセス>
三里屯のユニクロのある交差点を南側にちょっと下ったところ、
「北京機電院股份公司」と書かれた白い建物に入っています。
P1300332.JPG
「北京機電院股份公司」入口のすぐ左隣です。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
この記事へのコメント
日本では北京料理自体なじみが薄いですから、観光で訪れた時などいいかもしれませんね〜
今日の麺もおいしそうだ〜(笑)
Posted by katka(かてぃか) at 2011年09月20日 10:11
>katka(かてぃか)さんへ

炸醤麺もいいですが、こういうあんかけ麺も捨てがたいです。
いや、むしろこっちのほうが好きかもしれません。
Posted by ayazi at 2011年09月20日 14:21
僕は炸醤面のほうが良かったのですが、北京のBLOG仲間のお宅でご馳走になったのは、打鹵面のほうでした↓

http://blogs.yahoo.co.jp/jimmy_arakawa/42296994.html

炸醤面でも打鹵面でも、手工切面ならこのようにもっと幅広ですよね。
Posted by ジミー荒川 at 2011年09月21日 06:45
>ジミー荒川さんへ

打鹵面のほうがより家庭の味という感じでしょうか。
おっしゃる通り、麺は普通もっと幅広ですよね。
手工切麺のほうが麺自体の存在感があってよりおいしいと思います。
Posted by ayazi at 2011年09月22日 05:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: