2011年08月12日

【京味楼】上湯木耳菜

ツルムラサキの炒めもの・上湯仕立て
上湯木耳菜(shang4tang1 mu4er3cai4)
P1290575.JPG
【ところ:車公荘/ねだん:18元】

木耳菜はツルムラサキ。
葉は結構肉厚で、
濃い緑色でちょっとアクというかクセがある。

でも一番特徴的なのはぬめり。
ワラビのようなぬめぬめした感じがして面白い。
だからダメという人もいるかもしれないけれど、
私はこのぬめりが好きで時々頼む。

いつもの野菜に飽きた時に「木耳菜」の文字を見かけたら頼んでみると
目先が変わって面白いかもしれない。

この日は清炒(qing1chao3)ではなく上湯(shang4tang1)で。
ただ炒めてあるのではなくてちょっとスープ仕立てになっている。

ところで、中国語名の木耳菜(木耳はキクラゲのこと)は
キクラゲのようにぬめりがあることからつけられたそうだが、
はて、キクラゲってそんなにぬめぬめしてるかな・・・・・・

***

野菜ものとしては、
ほかに前回食べて非常においしかったソラマメを頼んだ。

鶏蛋炒豆瓣(ji1dan4 chao3 dou4ban4):28元
(写真と詳細は、こちらの記事でどうぞ)

うーん、今ひとつ。
ソラマメの旬が過ぎていたのと
卵のふんわりさがなかったのとで、ちょっと残念な出来だった。

順序が逆になったが、お肉ものも一通りご紹介。

鹵煮(lu3zhu3):58元(大)
豚モツの煮込み

P1290585.JPG

醤肉絲(jing1jiang4 rou4si1):26元
細切り豚肉の甘味噌炒め

P1290572.JPG

いつもの通り豆皮で包んでガブッ!

P1290592.JPG

老媽茄子(laoma3 qie2zi):22元
ナスと細切り豚肉の炒めもの

P1290571.JPG

ちょっと味が京醤肉絲とかぶってしまったかな。
でもこちらはニンニクたっぷり!

干炸小丸子(gan1zha2 xiao3wan2zi):28元
(写真と詳細は、こちらの記事でどうぞ)

それからスープを1つ。

大鶏縦多菌一品煲(da4ji1zong4 duo1jun1 yi4pin3bao3):78元
キノコたっぷりスープ

P1290588.JPG


北京風お菓子の盛り合わせ:58元
(中国語メニュー名は忘れました)
P1290596.JPG

アルコール・飲料抜きで600元以上となると、いきおい料理の数も多くなる。
これだけ頼んで、ビールだの飲み物だのを入れて800元ちょっと。
ふう、ボーダーラインにたどり着いた・・・・・・!

最低消費金額600元は
値の張る海鮮ものを頼めばすぐにクリアできそうだけれど、
北京で海鮮、しかも北京を離れる方の送別食事会で海鮮というのは
どうにも気が進まなかったのだ。
割合単価の低い料理中心でこの合計金額。
よく頑張りました◎


▼これまでの「京味楼」関連記事
【京味楼】新品京味菜(涼菜篇)
【京味楼】新品京味菜(熱菜篇)
【京味楼】北京烤鴨
【京味楼】芥末鴨掌
【京味楼】黄豆芽炒粉絲
【京味楼】南瓜百合


▼お店情報
京味楼(旗艦店)
西城区車公荘大街9号院五棟大楼A棟1単元1階
010-8839-5246/5245
P1280841.JPG
<アクセス>
地下鉄2号線「車公荘」駅A出口を出て車公荘大街を西へ。
1つめの信号(交差点としては2つめ)を越えた歩道橋の先、
道の右側(北)にあります。


*料理はどれも
「不要放味精(bu2 yao4 fang4 wei4jing1)」(化学調味料を入れないでください)
とお願いしています。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
posted by ayazi at 00:00| Comment(0) | 蔬菜類(野菜料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: