2011年06月16日

【二月二春餅・家常菜】苤藍絲

球茎甘藍(キュウケイカンラン)の細切りの和えもの
苤藍絲(pie3lan2si1)
P1280467.JPG
【ところ:朝陽公園西門/ねだん:8元】

球茎甘藍(キュウケイカンラン)はキャベツの茎がカブ状に肥大化したような野菜。
カブカンランとも言う。
英語名はコールラビ。

P1290285.JPG
(ミニトマトの上にある緑の蕪みたいなのが苤藍)

味的にはキャベツというより
蕪と大根の間といったほうが近いだろうか。
実際、知らずに大根だと思って食べている人もいるようなので、
やはり大根により似ているのかもしれない。

細切りにして油と塩コショウ程度の調味料で軽く和えて食べるのが一般的。
シャキシャキと小気味のよい歯ごたえが最大の魅力だ。
逆に言うと、素材の味自体はあまりはっきり感じられない。

・・・・・・と思っていたのだが、
先週土曜日に開催されたファーマーズマーケットで買った苤藍は
まさに蕪と大根の間のような味がしっかりと感じられておいしかった。

P1290255.JPG
(一番右が苤藍)

ほんのり甘みすら感じるほど。
それでちょっと火を入れてみた。

P1290291.JPG
(大根みたいに見えるのが苤藍)

ハムの塩気とローリエだけでスープ煮にしてみたのだが、
狙い通り、蕪のような甘みが出てなかなかよかった。

苤藍よ、ごめん。
味はなんてことない、歯ごたえだけが魅力だなんて、
あまりに君を過小評価していたよ。
苤藍に対する認識を改めたことだった。

*苤藍の「藍」の字が「蘭」になってました。
 正しくは「藍」です。
 (2012/6/6訂正)


▼お店情報
二月二春餅・家常菜
朝陽区朝陽公園西門南側20号
010-6460-5986
P1280184.JPG
<アクセス>
朝陽公園西門の並びにあります。
8号公館よりさらに南です。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店

posted by ayazi at 00:00| Comment(2) | 涼菜(前菜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見た感じからちゃきちゃき感がありそうですね

温野菜のサラダにして、お塩でいただいてもおいしそうに見えます
Posted by katka(かてぃか) at 2011年06月16日 08:14
>katka(かてぃか)さんへ

シャキシャキ感が身上の野菜です。
そんなにみずみずしさはないので、温野菜だとかたさがちょっと気になるかもしれません。
Posted by ayazi at 2011年06月16日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: