2011年04月14日

【海碗居】香椿炒鶏蛋

香椿と卵の炒めもの
香椿炒鶏蛋(xiang1chun1chao3ji1dan4)
P1280528.JPG
【ところ:甘家口/ねだん:24元】

今年も香椿の季節がやってきた。
市場でも見かけることが増えたし、
道端でもゲリラ的に売っていることがある。
先日あるお店の前を通りかかったら、
食事を終えたらしいグループが香椿を分け合っていた。
きっと誰かの家に香椿の木があって、
自分で摘んだ新芽をみんなにおすそ分けしていたんだろう。

香椿は北方中国に春を告げる食材。
日本語ではチャンチンと呼ばれる落葉高木で、春先に出る新芽を食べる。

xiangchun1.jpg
(これが香椿の木。街中にも結構植わっている)

三月中旬あたりから野菜市場でちらほらと見かけるようになり、
五月初旬頃まで出回る。
今がまさに旬である。

▼これまでの「香椿」関連記事
【8610食庫】香椿炒鶏蛋
 (上のリンク先が表示されない方は、こちらのページを試してみてください)
【福家楼】老北京菜之二
 (上のリンク先が表示されない方は、こちらのページを試してみてください)
【工体南路菜市場】到菜市場去看一看
 (上のリンク先が表示されない方は、こちらのページを試してみてください)
【海碗居】香椿豆腐
 (上のリンク先が表示されない方は、こちらのページを試してみてください)
【京味麺大王】炸香椿魚
 (上のリンク先が表示されない方は、こちらのページを試してみてください)

食用にする新芽は赤みを帯びている。

xiangchun2.jpg

これをさっとゆがくと、
それこそ赤茶けた大地にいっせいに木々が芽吹くように
さーっと鮮やかな緑色に変わる。
この色の変化、何度見てもドラマチックで見飽きない。

香椿を使った料理としては、
ゆがいた香椿をこまかく切って豆腐と和えた香椿豆腐、
ゆで大豆にまぶして食べる香椿豆あたりが大定番。
それからただ単にゆでた麺にのせて食べることも多い。
でも、忘れてはいけない料理がこの香椿炒鶏蛋だ。

さっとゆがいた香椿を卵と炒めたシンプルな料理。

ふんわり卵と、コリコリとした歯ごたえのコントラスト。
そして何より、山菜を思わせる香椿のほのかな苦み。

香椿の味は、
日本人には「タラの芽みたいな感じ」と言うとたいてい分かってもらえる。
独特のエグミとほっくりとした風味。
大好きすぎて、
食べた後も口の中に残る香椿の風味をほぉーっと転がし続けてしまう。

昨日から「柳絮(liu3xu4)=柳の綿毛」や
「楊絮(liu3xu4)=楊樹の綿毛」が舞い始めた。
モクレンの季節が終わって、
今はライラックが花盛り。
お昼に香椿炒鶏蛋が無性に食べたくなって海碗居へ行った帰り道、
ふと通りの向こうの団地を眺めたら、桐の花も咲き始めていた。
夕方あるところを通りかかったら、藤の花もほころんでいた。
春爛漫の北京である。


▼これまでの「海碗居」関連記事
【海碗居】葱爆羊肉
【海碗居】炸醤麺
【海碗居】独茄子麺
【海碗居(松楡里店)】羊油麻豆腐
【海碗居(松楡里店)】茄泥
【海碗居(松楡里店)】白水羊排
【海碗居(松楡里店)】砂鍋吊子
【海碗居(松楡里店)】溜肝尖
【海碗居(松楡里店)】鶏蛋西紅柿
【海碗居(松楡里店)】醋溜白菜


▼お店情報
海碗居(本店)
海淀区増光路11号
010-8837-4993
P1260196.JPG
<アクセス>
三里河路と増光路のぶつかる交差点(甘家口大厦がある)を西へ行くと、
道の南側(左手)にあります。
地下鉄2号線「阜成門」駅から489路のバスを利用すると便利。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


posted by ayazi at 00:00| Comment(4) | 蔬菜類(野菜料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タラノ芽の事を「たらっぽ」といい、ふきのとうを「ばっけ」とよびます
どちらも春の味

天麩羅が美味しくて、岩手の山間部ではとうのたった物も天麩羅にして食べるんですよ
Posted by katka(かてぃか) at 2011年04月14日 08:34
これは正に北方の味ですよね。
北京時代は好きでよく食べてましたが、すっかりご無沙汰です。
あの香りがたまらんです。
Posted by 酒徒 at 2011年04月14日 11:06
>katka(かてぃか)さんへ

天ぷらいいですね〜!
香椿でやってみようかな。

ふきはこちらでは食べられません。
懐かしい日本の味です。
Posted by ayazi at 2011年04月15日 13:26
>酒徒さんへ

北方で旬がはっきりしている季節の味というと、これしか思い浮かばないくらい。
春になったウキウキ感もあいまって、出回り始めるといっそう嬉しいです。
香りを存分に楽しむなら、香椿豆とか香椿豆腐もいいですね!
Posted by ayazi at 2011年04月15日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。