2011年06月18日

【二月二春餅・家常菜】春餅

春餅
春餅(chun1bing3)
P1280483.JPG
【ところ:朝陽公園西門/ねだん:記事参照】

立春か旧暦の二月二日当日にアップしようと思っていたのだが、
記事をまとめるのが間に合わなくてお蔵入り。
ずっと書きかけにして放置していた。
でもこのまま来年までストックしておくのもなんなので、
季節外れだけどアップしてしまおう。

春餅を食べるのは立春と旧暦二月二日。
この日に春餅を食べる理由は旧ブログで何度も書いてきたので
リンク先をご参照のほどを。

▼これまでの「春餅」関係の記事
【東北春餅王】春餅
(上のリンク先が表示されない場合はこちらのリンク先へ)
【麻辣香鍋】老北京春餅
(上のリンク先が表示されない場合はこちらのリンク先へ)
【麻辣香鍋】二月二,吃春餅
(上のリンク先が表示されない場合はこちらのリンク先へ)
【北京の食文化】今日は春餅を食べる日!
(上のリンク先が表示されない場合はこちらのリンク先へ)
【某公寓】家常便飯
(上のリンク先が表示されない場合はこちらのリンク先へ)
【北京の食文化】立春吃春餅
(上のリンク先が表示されない場合はこちらのリンク先へ)

***

さあ、あれやこれやの説明は置いておいてとにかく食べよう!
まず、何はなくとも春餅を頼む。

春餅(chun1bing3):8元
春餅

P1280481.JPG

蒸籠一つ10枚入り。
「10枚もあるの〜?」
と疑問を抱く向きもあるかもしれない。
そして実際に数えてみて
「5枚しかないじゃんッ!」
と怒る人もいるかもしれない。

でも慌てずに。
春餅は2枚一組が決まり。

P1280491.JPG

こうしてぺろ〜んっとはがすと、
1枚が2枚、2枚が4枚、4枚が8枚に・・・・・・はならないが、
5枚が10枚にはなるんである。
もちろん、厚手の皮が好みの人は2枚一緒に食べたって問題ない。
お腹にはすこぶるたまるけどね。

皮を頼んだら、お次は巻いて食べる中身を頼もう。

春餅に巻いて食べる具は
モヤシとニラの炒めたの、卵焼き、煮込み肉の冷製なんかが定番。
でもこの日はちょっとへそ曲がりな気分で
ちょっと趣向の変わったものをいくつか頼んでみた。

薫鶏絲(xun1 ji1si1):18元
燻製鶏肉の細切り

P1280476.JPG

このままでつまみにもなりそう。

香葱小魚干(xiao3cong1 xiao2yu2gan1):12元
葱たっぷり干し小魚の佃煮風

P1280478.JPG

卵は蝦味噌入りでちょっとひねってみた。

蝦醤炒鶏蛋(xia1jiang4 chao3 ji1dan4):18元
蝦味噌入りスクランブルエッグ

P1280487.JPG

スタンダードにモヤシものも一品。

醋烹豆芽(cu4peng2 dou4ya2):8元
モヤシのお酢炒め

P1280479.JPG

ただのモヤシ炒めよりこのお酢入りのほうが好物。

好きな具を皮の上にセットして、

P1280484.JPG

巻いて巻いて・・・・・・

P1280485.JPG
(いつもあれもこれもと欲張るので太っちょになる)

がぶっ。

P1280486.JPG

そうそう、春餅と言えばこれも忘れずに。

棒渣粥(bang4zha1zhou1):5元
トウモロコシ粥

P1280490.JPG

春餅につきもののトウモロコシのお粥。
こちらに来てから雑穀粥のおいしさに目覚めた。
このトウモロコシ粥もまた好物だ。

***

春餅を食べることは咬春(yao3chun1)と言って
春になった喜びをシャキシャキと噛み締めるためのもの。
でも季節外れにシャキシャキするのも悪くない。
そんな人が大勢いると見えて、このお店はいつ行っても大混雑。
30分待ちなんてこともざらだ。
ちょっと早めかちょっと遅め、ピーク時を少し外して行くといいですよ。


▼お店情報
二月二春餅・家常菜
朝陽区朝陽公園西門南側20号
010-6460-5986
P1280184.JPG
<アクセス>
朝陽公園西門の並びにあります。
8号公館よりさらに南です。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: