2011年02月18日

【椰樹】天然椰子汁

ココナッツジュース
天然椰子汁(tian1ran2 ye1zizhi1)
P1270030.JPG
【ところ:−/ねだん:元】

普段飲みはしないけれど、
時々ふと飲みたくなるココナッツジュース。

海南島の椰樹というブランドのもので、
原料ももちろん海南島産のココナッツ。
メーカーによると、
香料、砂糖、防腐剤無添加、コレステロールなしとのこと。
1991年には国宴飲料(政府主催の宴会で出される飲み物)に指定されている。

甘いっちゃ甘いけど、
我慢できないくらいわざとらしい嫌な甘みではなくて、
私は意外と好き。
ぬる燗くらいにあっためて飲むのが好みだ。

飲料として飲まなくても、
タイカレーを作る時に気軽に使えて便利。
日本でココナッツジュースを買ったら結構な値段になるんだろうな。

それにしても、
ココナッツジュースに黒地のパッケージって大胆だよな。
見方によってはかなり妖しい飲み物に見えるかも。
でも普通においしいですよ!

余談だが、
このジュースという意味の「汁(zhi1)」ってすごい字面。
(北京ではたいていアル化して「汁児(zhi1r)」になる)
「しる」です、「しる」。
中国語を使ってかなりの年数がたつけど、いまだに慣れない・・・・・・


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*旧ブログは現在中国からアクセスできません。
*このリンク先を経由すると見られるかも。
 見たいページのURLを貼り付けてGO!してみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます!

カレーに使う。こんな使い方もあったんですね!
灯台下暗し。
北京にいたときは、タイ人の友達にカレーペーストとともにココナッツ粉末ねだりまくってました。。。

中国に帰れることがあれば。。。やってみたいです。
Posted by 強烈晴れ女 at 2011年02月20日 13:19
>強烈晴れ女さんへ

新春快楽!
かの地でも華人街でなら春節気分が味わえたかな?

こっちでは安いからカレーにドボドボ入れても気にならないよね。
復帰した暁にはぜひ作ってねー!
Posted by ayazi at 2011年02月21日 00:25
> 新彊菜大好き族人さんへ

日本でも買えるのですね。
でもやっぱり高いなあ!
カレーに使うのはちょっと勇気がいりますね。
Posted by ayazi at 2011年02月21日 00:31
ayaziさま
北京では一缶いくらでしたっけ?忘れてしまいました。

日本のある中国料理屋で一缶120円だったことがあります。一緒に行った日系ブラジル人が「ブラジルにあるのより、うまい!」って、何本もおかわりしていました。

以下のサイトは中国で見られますか?
ココナッツミルクの通販ですが、1番の正栄食品が輸入しているのや、ユウキの料理用のココナッツミルクは日本の物価を考えたらバカ高くもないと思います。
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_755156.html
Posted by 新彊菜大好き族人 at 2011年02月21日 00:57
>新彊菜大好き族人さんへ

あ、値段確認しようと思って忘れてました。
レストランで飲んで6元とか、そのくらいだったと思います。
普通に買ったら3〜4元?
(改めて確認します)

ご紹介いただいたサイト、こちらでも見られます。
意外とお手ごろ価格で入手できるのですね。
前のコメントで教えていただいたものの、改めて計算してみれば1缶あたりそう高くもないのかも?
どうしてもこちらの値段と比べてしまうもので・・・
Posted by ayazi at 2011年02月21日 08:20
遅いコメントで何なんですが…。
アラビア語でジュースは「アスィール」です。
“あ、汁…”な訳です。
(とゆーのは嘘で「アスラ:絞る」という語から派生しています。)

このブログと相まってようやくがっちり覚えられました〜。
シュックラン ビキ!
Posted by あたおコロイノナ at 2011年02月21日 12:45
>あたおコロイノナさんへ

貢献できて光栄です。
「あ、汁!」
私も覚えちゃそう。

(上の「あ」コメントは削除しておきました〜)
Posted by ayazi at 2011年02月22日 00:06
新彊菜大好き族人様

日本にもあるんですね!
さすが。
とりあえずタイカレー好きの母親に送りつけてみます。

ayazi様
ざ。。残念ながらテスト真っ盛りで外にいけず。。
でも、初三にビーガンの友達の家で肉なし餃子大会でした。8人で120個+その他料理。。
さすが若い中国人はすごいです。
元宵には、学校の中国人会が盛大な集まりをやって、ビール三昧でした。でも、ほんとは元宵食べたかったです。。
Posted by 強烈晴れ女 at 2011年02月23日 16:17
>強烈晴れ女さんへ

テストですかあ。
お疲れさまでした!

それにしても、8人で餃子120個とは!
すご!
食べることは生きること、食欲は生きる力の表れ。
中国人にはかなわない?
元宵にビールですか・・・お正月の最後を騒いで締めくくったのですね。
次回はこっちで過ごせるとよいですね!
Posted by ayazi at 2011年02月24日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: