2010年09月18日

【信遠齋】桂花酸梅湯

桂花入り梅ジュース
桂花酸梅湯(gui4hua1 suan1mei2tang1)
P1230622.JPG
【ところ:−/ねだん:4元くらい】

烏梅、サンザシ、桂花、甘草などを煮出して氷砂糖を入れて作る酸梅湯。
北京の家庭料理や北京小吃のお店にはたいていこれが置いてあって、
そのお店ごとのオリジナルフレーバーを楽しむことができる。

▼これまでの「酸梅湯」関連記事
【爆肚馮 金生隆】酸梅湯

もちろん、市販されているものもある。
中でも有名なのが、九龍齋とこの信遠齋のもの。
九龍齋の酸梅湯は独特のクセがあるので私はあまり好きではないのだが、
信遠齋のは大好き。

▼信遠齋の桂花酸梅湯についての詳しい説明はこちらから。
【信遠齋】桂花酸梅湯
(旧ブログの記事なので、中国からは読めなくてすみません)

クセがなくて、とても飲みやすい。
甘い飲み物はほとんど飲まない私だが、この酸梅湯は例外。
「ご飯を食べながらコーラ」には眉をしかめてしまうけれど、
「ご飯を食べながら酸梅湯」ならオッケー。

中国びいき?
はい、そうなんです。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*現在、中国からはアクセスできません。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: