2010年09月06日

【福満園】苤藍絲

コールラビの細切りの和えもの
苤藍絲(pie3lan2si1)
P1230464.JPG
【ところ:新源里/ねだん:10元】

以前、麻辣香鍋のところで一度ご紹介したことのある苤藍絲。

【龍順園麻辣香鍋】麻辣香鍋

以前の記事でも「これは私の大好物」と書いたけれど、
ホントに大好物なので、もう一度スポットをあててご紹介。

コールラビはアブラナ科の越年草で、
球形に肥大化した茎のところを食べる。
和名はカブカンランとかカブタマナと言うそうだ。
ウィキペディアによる)

紫色のものもあるようだけれど、
北京でよく見かけるのは中身が白いもの。
それを細切りにして塩、油、胡椒程度の軽い味付けで和えて食べる。

野生のキャベツを人為選別した品種だそうで、
味はキャベツの芯のところのような感じ。
でもちょっとカブみたいな感じもする。
味自体はとてもほのかで、
むしろシャキシャキとした歯ざわりを楽しむ野菜と言ったほうがいいかも。

日本人にはあんまり知られていない前菜だけど、
家庭料理や老北京のレストランのメニューには載っていることが多いので、
ぜひ一度どうぞ!


▼これまでの「福満園」関連記事
【福満園】紅焼帯魚
【福満園】小葱拌豆腐


▼お店情報
福満園
朝陽区新源南路10号
010-6461-8656
P1230460.JPG
<アクセス>
燕莎橋から新源南路(崑崙飯店や京城大廈のある通り)を西(新東路方向)に向かい、
二つ目の交差点の手前、道の左手(南側)にあります。
世方豪庭というマンションの向かい側です。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*現在、中国からはアクセスできません。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
posted by ayazi at 07:06| Comment(0) | 涼菜(前菜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: