2010年09月04日

【福満園】紅焼帯魚

タチウオの醤油煮
紅焼帯魚(hong2shao1 dai4yu2)
P1230465.JPG
【ところ:新源里/ねだん:42元】

時々食事をご一緒するライターのTさんから、
「新源里においしいお店がありますよ。
 食事時には列が出来ているくらい人気のお店です。」
と教えてもらったのがこの福満園。

P1230460.JPG

新源里と言えば割合なじみのエリアだというのに、
そんな人気店があったのを知らなかったなんて!
と慌てて駆けつけた。

「福満園」の看板のかかる店構えは、
ごくごく普通の小さな食堂といった風情。
とは言え、こぎれいに内装してあって居心地はよさそうだ。

人気店と聞いて覚悟していたが、
私が行った時はご飯時になる少し前だったので並ばずにすんなり席に座れた。
が、その後あれよあれよという間に満席。
店の外には確かに人が並び始めた。

この店の名物は、紅焼帯魚(hong2shao1dai4yu2)。
タチウオを揚げて醤油味で煮たものだ。
ほとんどのテーブルにこの料理が乗っている。

ほとんどのお客が注文するとあって、
店のほうも準備万端なのだろう。
注文するとほんの数分で出てくる。
その速さにまずびっくり。

そしててんこ盛りになった分量の多さにも驚く。

タチウオの身もふっくら。
骨離れがよくて食べやすい。

そしてまた、
揚げ衣に煮汁がしみてずびずびになった感じが、郷愁を呼ぶ。
昔、残った天ぷらを
母が翌日砂糖醤油で煮付けてくれたのを思い出すのだ。
ちょっと貧乏くさいけれど、私はこれが好物だった。
(特に芋天やニンジンゴボウ天を煮付けたものが最高)

そんな懐かしさもあって、
この紅焼帯魚はすっかりツボにはまってしまった。

この日はマントウを合わせたけれど、

P1230472.JPG
(ふっかふかのマントウ。うま)

次はご飯で食べてみようかと思っている。

キケーン!!

*紅焼帯魚については、
北京で発行されているフリーマガジン「チャモア」で連載中の
「満福グルメ手帖」(2010年7月号)に書きました。
北京在住の方はこちらもどうぞご覧ください。


▼お店情報
福満園
朝陽区新源南路10号
010-6461-8656
P1230460.JPG
<アクセス>
燕莎橋から新源南路(崑崙飯店や京城大廈のある通り)を西(新東路方向)に向かい、
二つ目の交差点の手前、道の左手(南側)にあります。
世方豪庭というマンションの向かい側です。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*現在、中国からはアクセスできません。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


posted by ayazi at 00:00| Comment(6) | 家常菜(家庭料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うまそ〜マントウ!!
普通にレストランにあったのだろうか・・・
発見できませんでした(涙)

この太刀魚のタレをマントウにつけて食べたら・・・おいしいだろうな〜(笑)

太刀魚は仙台では取れない魚で、最近デパートなどにも並ぶようになりましたが、本来は食べる文化がありませんでした

その美味さをソウルで初めて知ったのです
カルチジョリム(太刀魚煮付け)なんですけど、甘辛で旨辛なんですよね〜
クリックすると写真見れますので宜しければ見てみてくださいね
Posted by katka(かてぃか) at 2010年09月04日 08:43
このタチウオを揚げてお醤油味で煮たオカズもよく職員食堂に出てきました。好きでした。この料理で有名なお店が北京にあるんですね!

ネットで中国の料理について調べていたら、三重県に「哈爾濱」という中華料理店があって、お店のHPのメニューに鍋包肉や地三鮮、京醤肉絲が日本語に訳されもせずに載っていました。
三重県までは食べに行けませんが近くに住んでいたら通っていたかもしれません。お店のオーナーさんが中国東北部の方らしいです。


目上の、しかも見ず知らずの方には失礼かもしれないけど、ごめんなさい!!鍋包肉が、ちょっとくらいお好みの味と違っても、いつでも鍋包肉が食べられる環境に感謝なさってくださーい!鍋包肉が食べたくても食べられない人が日本にいるんですから
Posted by I LIKE 宮保鶏丁&鍋包肉…&タチウオの煮物! at 2010年09月04日 14:15
>katka(かてぃか)さんへ

御返事遅くなりました。
すみません!

レストランでマントウを置いてあるところは、実はあんまり多くないと思います。
(頼めば出てくるのかもしれませんが)
このお店はメニューに載っていたので、うれしくなって頼んでみました。
食べてみたらふっくらおいしくて、余計うれしくなりました。

太刀魚はソウルでもよく食べられているのですね。
北京で食べる太刀魚は、実は魚自体をおいしいと思うことはあまりなかったのですが、先日舟山で食べたものは目から鱗的おいしさでした。
Posted by ayazi at 2010年09月09日 14:11
>I LIKE 宮保鶏丁&鍋包肉…&タチウオの煮物!さんへ

御返事遅くなりました。
すみません!

こちらに住んで本場の味を楽しめることにはもちろん感謝していますよ!
でもだからこそ、本場らしいものが食べたいのです。
日本では食べられないから、食べられるだけでいいとしよう、このくらいの味でまあよしとしよう、とはならないのです、やっぱり・・・

Posted by ayazi at 2010年09月09日 14:14
以前からずっと参考にしています。
特に北京に出張で行く時は。
先日、この店に初めて行ったのですが、
すごく美味しかったです。
こういう庶民的で美味しい店が特に上海ではどんどんなくなってきているので、貴重だと思いました。
それにしても、この紅焼帯魚は68元になっていました。
この数年の値上がり方は上海だけではなかったのですね。
そのうちこの店のことをボクのブログでも書くと思いますが、その際、この記事にリンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか?
Posted by chinausa at 2014年10月12日 11:56
>chinausaさんへ

コメントありがとうございます。
記事リンクの件も承知いたしました。
最近すっかりご無沙汰しているうちに、
なんと、68元ですか!?
まあ確かにブログ記事は4年前なので
ある程度は仕方ないとは思いますが、
ちょっとびっくりな値上げ幅ですね……
Posted by ayazi at 2014年10月13日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。