2010年08月13日

【錦府塩幇酒楼】白灼瓜尖

ウリの蔓のおひたし風
白灼瓜尖(bai2zhuo2 gua1jian1)
P1220990.JPG
【ところ:中関村南大街/ねだん:32元】

最近お気に入りの野菜料理が、瓜尖(gua1jian1)を使ったもの。
「瓜」だけでは何なのか判別できないが、
とにかくウリ系の野菜の蔓先で作った料理だ。

おそらくは絲瓜(si1gua1)=ヘチマが一番多いのではないだろうか。
南瓜(nan2gua1)=カボチャも食べたことがあるように記憶している。
ちょっと変わったところだと
仏手瓜(ho2shou3gua1)=ハヤトウリの蔓もあった。

今回は錦府塩幇酒楼のものを紹介しているけれど、
他のお店でも結構見かける。

▼これまでにご紹介したウリ系野菜の蔓料理
【浄心蓮】中国式素食
【蜀国演義酒楼】新派川菜
(以上は旧ブログ。現在中国からはアクセスできません)
【北京四川五粮液龍爪樹賓館】地道川菜

それだけをちゃちゃっと炒めた清炒(qing1chao3)もおいしいけれど、
私は白灼(bai2zhuo2)のほうが好き。
さっと湯がいて、少し油の入ったちょっと甘めの醤油ダレをかけたもので、
言ってみれば中華風おひたしである。

鮮やかな緑に目を奪われる。
コリコリ、シャクシャクとした歯ごたえもいい。
少し油が入っているとは言え、
炒めものに比べれば少量なのでもたれないのもいい。
これなら大量の野菜がいくらでもペロリと食べられそうだ。

日本のおひたしと違ってあったかいところも気に入っている。
湯がいたところにタレをかけるので
アツアツではなくてちょっとぬるいくらいなのが、
控えめででしゃばらない感じでまたなんとも言えない。
いい塩梅。

といろいろ書きたくなるくらい、
要はまあ、好きなんです、この料理が。


▼これまでの「錦府塩幇酒楼」関連記事
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之一)
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之二)
【錦府塩幇酒楼】自貢塩幇菜(之三)


▼お店情報
錦府塩幇酒楼
海淀区中関村南大街31号 空間技術研究院院内
010-6819-6222/6819-6773
P1220696.JPGP1220698.JPG
<アクセス>
地下鉄4号線「国家図書館駅」下車。
中関村南大街を北へ向かうと、左手(西側)に見えてきます。
湖北大厦のちょうど向かい側です。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*現在、中国からはアクセスできません。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店
posted by ayazi at 00:00| Comment(0) | 蔬菜類(野菜料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: