2010年05月31日

【爆肚馮 金生隆】糖蒜

ニンニクの甘酢漬け
糖蒜(tang2suan4)
P1210801.JPG
【ところ:鼓楼大街・爆肚馮 金生隆/ねだん:1元】

[シ刷]羊肉など鍋物のお供としてぜひ頼みたいのがこの糖蒜(tang2suan4)。
皮をむかないままのニンニクがごろんと出てくるので
ちょっとびっくりしてしまうかもしれないが、
味はほぼラッキョウ。
ニンニク臭さはほとんどないのでご安心を。

皮をむいて、一粒そのまま口に放り込む。
甘酸っぱい中にほんのりとニンニクの風味。
ラッキョウほどシャキシャキ感はないけれど、そこそこ歯応えはある。
お鍋を食べる時のいい口直しになる。

私はこれが大好きでよく頼むのだけど、
みなさん丸ごとのニンニクに恐れをなしてしまうのかあまり手が伸びない。
でも、ある時このお店で食事会をした際に頼んでみたら
二人ほどすっかりこれにはまってしまった。

「これ、おいしい!」
とパクッパクッと食べ続けて、ついにはお代わりまで。

うふふ。
啓蒙活動、成功。

みなさんも次回お鍋を食べる時にはぜひどうぞ。

▼過去の「爆肚馮 金生隆」関連記事
【爆肚馮 金生隆】爆肚
【爆肚馮 金生隆】[シ刷]羊肉

▼お店情報
爆肚馮 金生隆
西城区安徳路六鋪[火亢]一巷餐飲街
010-6527-9051
P1210772.JPG
<アクセス>
地下鉄二号線の「鼓楼大街」で下車し、北へ向かいます。
安徳路にぶつかったら左折し、
一本目の路地(「六鋪[火亢]一巷美食街」という看板がある角)を右に曲がると、
右手にあります。
P1210817.JPG
(この看板のところで右折!)


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*現在、中国からはアクセスできません。
こちらのサイトを経由すると表示されることもあります。
*ブルーのボックスのグーグルのURLが書いてあるところに、
 旧ブログのURL(http://ayazi.blog75.fc2.com/)と入力して
 「browse」をクリックしてみてください。


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店

posted by ayazi at 00:00| Comment(4) | 其它(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これをよく食べます。私の好みです。
糖蒜の名前は知りませんでした。
明日から、3日間中国烟台出張です。
羊肉火鍋とこれを食べたいけれど、普通の食事会になると思います。
仕事はあわただしいですが、中国料理も楽しんできます。ではまた。
Posted by nao0880 at 2010年05月31日 17:29
糖蒜、出ましたね!辣韮そのものという漢字ですが、手がびたびたになるくらいこれはうまいですよね!いつでもこういうの食べたいですね。やはり渡燕かな。
Posted by 龍心 at 2010年05月31日 23:44
>nao0880さんへ

糖蒜ファン、結構いらっしゃるのですね。
いい箸休めにもなるし、お酒も進みます。
煙台でも食べられるとよいですね。
Posted by ayazi at 2010年06月02日 23:58
>龍心さんへ

ここにも糖蒜ファンが!
そうそう、皮をむくときに手が甘酢でびたびたになってしまうことがちょっと難点なんですよね。
でも好きです。
Posted by ayazi at 2010年06月03日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: