2013年05月13日

【徳順楼】桃仁鴨方

クルミのせアヒル肉と鶏肉の揚げハンバーグ
桃仁鴨方(tao2ren2 ya1fang1)
P1080932.JPG
【ところ:牛街/ねだん:38元】
(く、苦しい日本語メニューだ……)

北京最大のイスラム教徒街、牛街は清真寺の向かいにある徳順楼。

P1080917.JPG

清真(イスラム教徒向け)料理のレストランだ。
ここは老舗ではないものの、
コックは清真レストランの老舗、鴻賓楼の出身だそうで、味には定評がある。

ここの名物料理はなんといっても清蒸羊肉だそうだが、
この日は2人と胃袋数に限りがあったのでパス。
その代わりに頼んだのがこの桃仁鴨方。
清蒸羊肉と並ぶこの店の看板料理だ。

100元以上もする豪華版もあったけど、
私たちは38元の普通のものを注文。

作り方ははっきりとは分からないけど、
だいたいこんな感じかな?

まずはアヒルを様々な生薬を配合したタレに漬け込み、煮込む。
ほろほろに煮込まれたアヒル肉を骨から外しざっとほぐして敷き、
そこに鶏胸肉やエビのミンチを乗せてアヒル肉をくるむようにし、
さらにクルミをあしらって蒸し、揚げる。

P1080933.JPG

結構手が込んでいる。
ちなみに、「方」とついているのは長方形になっているから。

これが実に香ばしくてウマイ。
スープで煮込まれたほろほろアヒル肉と鶏肉つくねを一体化して、
こんがりキツネ色に揚げてあるんだから、
こりゃまず外さない味だよなあ。
肉だけで単調になりそうなところに
クルミでアクセントをつけてあるところがまた心憎い。

P1080935.JPG

鶏肉ミンチにはつなぎで豆腐か何か(おから?)が入っている?
肉だけじゃなくてちょっとフカフカした食感だった。

それにしても、
土台がアヒル肉でそこに鶏肉ミンチがぽってり厚めに乗っかってるなんて、
こりゃ結構肉肉しい料理だな。
調子に乗っていくつも食べていると、
これだけでお腹いっぱいになってしまいそう。


◆お店情報
徳順楼
西城区牛街11号
010-5837-3366/5837-3355-9003
P1080917.JPG
<アクセス>
地下鉄4号線「菜市口」駅D出口から広安門内大街を西へ。
牛街の交差点を左折して南下すると、清真寺の向かいにあります。


*料理はどれも
「不要放味精(bu2 yao4 fang4 wei4jing1)」(化学調味料を入れないでください)
とお願いしています。


■ayaziのブログ■

北京。おいしい生活。
*中国からまたアクセスできるようになりました!


■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.JPG
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.JPG
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス

posted by ayazi at 17:22| 北京 | Comment(6) | 肉類(肉料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする